« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月28日 (水)

返品するよ・・・

ご報告です。前に購入したストリートトリプルRS用のScorpionマフラーですが、販売店と色々やり取りをした結果、返品することになりました。

Rtr87ceo この上の画像の商品(中間パイプ)が届いてくれれば全く問題無かったのに。

Dscn1297 流石にこの手抜き感はハンパないって・・・。刻印が無いのは良いとして、パイプ接合部のこの角度は許せませんよね。

メーカー曰く、設計通りに作った問題は無い。これが最新バージョンだ!とおっしゃっています。イギリスメーカーで信用していたのになぁ・・・サイレンサーの作りは良かっただけに残念でなりません。

Dsc_007701 よっぽどFFbyFrescoのパイプの方が丁寧に作られているし。コレの後のアレは恥ずかしくて付けられません。

最初販売店も返品を拒んだのですが、仮に手元に届いたパイプが商品紹介画像に出ていたらその時点で購入はしなかった旨を伝えて渋々応じた感じです。返品か大幅値引きかで問いかけしたのですが無事返品で落ち着きました。欲言えばサイレンサーだけ欲しかったのですが・・・。

ストトリRSの排気本命だっただけに残念ですよ・・・。

2018年11月24日 (土)

レバー祭り!

Dscn1325無駄に購入してしまた・・・SSKのレバー!まぁ~いわゆる部品取り的な感じで、レバーを購入しました。最初に買ったストリートツインに付けたレバー(クラッチ側)ですが、実はクラッチスイッチのON/OFFが出来ないタイプって事に気が付いてしまって。エンジンは掛かるし支障は無いと思うのですが・・・嫁のバイクって事で念のため。


Dscn1332 左側は純正のクラッチレバーになります。赤丸で囲っているところがクラッチのスイッチの突起に当たる部分で、右側のSSK製側には付いていません。(事後画像なので、レバー元部分のパーツになってしまいます)そこで、この部分があるタイプのレバーを購入して付け替えました。なんせ2300円で買えるので!!同じアジャスタータイプのはもう安く売っていなかったので、ノーマルの可倒式ロングタイプ。


Dscn1330 ストツイクラッチ下側からの画像を追加してみました。クラッチスイッチのON/OFFの様子が分かるかな???

で、更にストリートトリプルのクラッチ側もこの際にSSKに交換って事で

Dscn1326_2
Dscn1327 クラッチ側だけ可倒式・・・。本当はブラック/レッドの配色が良かったのですが、色が違うだけで4倍の1万円越えになってしまうから( ゚Д゚)不思議(それが正規の値段ですが)使い心地ですが、レバー形状の差で若干握りが太くなるので、重くなった気もするし手が小さい人にはぶっちゃけ微妙です。3D可倒式の方が細いのかも。もう1セット3D可倒式購入してしまおうか(^-^;

ちなみにブレーキ側はブレンボのRCSシリーズの可倒式なら付きそうな気がしますが、レバー単体でも2万円してしまいますので考え物です。ブレーキは諦めるかなぁ~と言うことでSSKブレーキレバーが2本余っています・・・。

2018年11月22日 (木)

KSR110 考察だよ・・・

KSR110+VM26+パワーフィルター のアイシング問題ですが、ヒータースイッチを付け強制ONに出来ることでほぼほぼ解消しました。時期的に多少出るのは仕方ないと思うので・・・。ここまでの道のり長かったです。

今後のKSR110ですが、大イベントのボアアップキット組込みが控えています。キャブセッティングの変更なども発生するので春先を考えています。110㏄でもう少し楽しみたいっての有りますが、エンジンの調子が良いので、正直ボアアップはまだしなくても良いかなってのもある。

Dscn1321 ご存知 KITACOの125㏄ボアアップキット、買えるときに買っとけ!って事で、たまたまAmazonで2万円ちょっとで安く買えた。この辺の値段の変動は謎です。ボアアップすると全体の耐久性が気になりますが、そもそもZ125Proでも同系のエンジンですから多分大丈夫・・・。油温も多分大丈夫。一応武川のオイルポンプも購入してありますが、オイルクーラーまでは必要ないかも。勿論あった方が見た目カッコいいですが(^-^;

Dscn1323 すっかり忘れていたフロントフォークスプリング&オイル。ハイパープロ製になります。フォークトップキャップも昔ヤフオクで安く購入していたブツです。この辺も来年中には交換できればなぁ~と思っていますが。現状サーキット走行は考えていないので重要度は低いと考えています。

最近ではKSR110の社外パーツも入手困難になっているものも色々出てきているので。本当はドミノコレクションのミニンジャにしたいのですが、流石に高すぎますので、宝くじでも当たらないかなぁ~( ;∀;) 後はホイールも出物見つけて交換したいですね。

KSR110はカルガモにとってのバイクの教材なので長い目で遊んでいきたいと思います!

2018年11月18日 (日)

ストリートツイン SSK 可倒式アジャストレバーに変えたよ!

嫁さんが乗るstreet twinですが、私が勝手にレバーを交換してしまいいました!(嫁には事後報告)

SSKの可倒式アジャストレバーです。これがビックリするくらい安く買えた。約2500円ですよ!!ただストリートツイン用とは書いていなかったのですが、この辺のブレーキ&クラッチ周りってニッシン製なので、ダメもとで購入したら取り付け出来た感じ。ちなみにSSKのレバーSetは12000円位します。


Dscn1311 本当はストリートトリプルRS用が欲しかったのですよ・・・クラッチ側はコレが取付できるのですが、RSはブレーキ側はレシオ調整が付いているので、可倒式になると皆無です。多分ブレンボの可倒レバーが付くかもしれないのですが、片方のレバーだけで20000円前後するのでムリポ( ;∀;)

で、このSSKのレバーですが、転倒時にレバー折れを回避する為に可倒するのと、レバーがショートからロングまで変更が可能。画像は一番短くしていますが、最終的には嫁に確認して最大限まで伸ばしました。


Dscn1312 レバーのアップ画像ですが、作りはかなりしっかりしています。レバー位置は6段階で調整可能。当然取付に伴うガタつきは皆無で可倒部分のヒンジもカッチリしていますね。上でも書きましたがクラッチレバーのホルダーはトリプルも同じ形です。


Dscn1313 こちらはブレーキ側です。本当はマスターシリンダーの交換したいんだけど・・・。ストリートツインはフロントブレーキがウィークポイントでね。マイナーチェンジモデルはブレンボのキャリパーRディスクにアップグレードされていて、当然だけど羨ましい!流用は可能でしょうが金額的に微妙です。自分のバイクなら間違いなく検討しますけど(^-^;


Dscn1315 裏側はこんな感じになっています。レバーの長さを固定するビスが心もとない気もします。振動で緩んでこないか気になります。シルバーの純正レバーからブラック/レッドになりかなり引き締まりました!見た目は勿論大事ですが、操作系は使い心地が重要です。交換後まだ走っていませんが違和感は無さそうです。


Dscn1316 SSKの嬉しいところ!ステッカーの他にリアルカーボンのキーホルダーが素敵です!使うかは分かりませんがこう言うおまけは良いと思います。

2018年11月17日 (土)

CANON PIXUS TS5030BKだよ

9月になるのですがプリンターを新調しました。CANON PIXUS TS5030BKです!以前使っていたプリンターもキヤノンでしたが(型名忘れた)一番安いモデル。その前がブラザーでしたね。ハッキリ言ってプリンターはほぼ必要ないのですが、月一回クレジットカードの明細を計算するときに使うんですよ!

この手のプリンターはインクが詰まって大体ご臨終してしまいますね。使用頻度が低いし、純正インクが高いので社外を使うんですが・・・それが原因なんですかね?カラーレーザーが欲しいけれど、マルチで探すと側が大きいのですよ。置き場所に制約があるのでね。


Dscn1174 最近の中ではこのプリンターはかなりのコンパクトです。欲を言えば前面給紙出来れば完璧でしたね。白い筐体のものが欲しかったのですが、人気なのか3,000円ほど高い。ちなみに9000円弱で購入しましたよ!

Dscn1172 インクは5色となっていますが、黒が2色なので実質4色って言ったところでしょうか?インクカートリッジには赤いインジケーターが付いています。何故だかちょっとワクワクしてしまいます!そのインクが純正は高いよね・・・。インクセット2回購入すると本体買えますからね(*´Д`) 最近はコンビニのプリントサービスを利用している人も結構いるようですが、場合によってはそっちの方が安かったりします。まぁ~会社でプリントしても良いんですがね・・・。

そう言えば直近のキヤノンはWiFiの接続が安定しなかったねぁ~。プリンター電源入れる度にWiFiの設定をしないといけなかったので、最後の方は5mのUSBケーブル買ってつないでいました。現在のところそういったトラブルはTS5030では出ていませんね。

2018年11月10日 (土)

参ったね・・・

記事にしようか迷ったんだけど一応ご報告。解決してからの方が良いのか・・・これはこれでネタになるのでとりあえずご報告。

待ちに待ったモノが無事届いたんですよ!今年一番の楽しみかもしれないアレが!!

Rtr87ceo そう、Street triple 765 Scorpion exhaust!約一か月で無事到着いたしました。早速中身を拝見と行きますぞ!!

Dscn1298 ふ、ふつくしい(美しい)・・・カーボンの折り目が特殊でこれだけで、茶碗一杯はいけそうな感じです。サイレンサーの仕上げは文句無しにカッコイイ!

Dscn1299 ふ、ふつくしい(美しい)・・・支持パーツも変なバリ等もなくビッとしていますね。サイレンサーがテーパー形状になっているので汎用のバンドは使えない感じですね。


Dscn1300 ふ、ふつくしい(美しい)・・・ スコーピオンサイレンサーの最大の特徴と言ってもいいのかな?!エンドキャップの赤いリングが素敵です。キヤノンのレンズのよう(^-^; 話によると経年劣化で割れてしまうことも有るようですが。


Dscn1303 サイレンサートップもしっかりとした作りですね。スプリングの引っ掛ける所も2個ありますし・・・。溶接はちと微妙ですがヨシとします。


Dscn1302 内部はこんな感じ、奥のバッフルもしっかりしています。当然バッフルを外すことは考えていません!基本五月蠅いのは嫌いなので。逆にしっかり機能してくれた方がありがたいです。


とここまでは、サイレンサー部分の紹介でしたが、ここからがタイトルの如く・・・参ったなぁ~・・・ってな感じの残念な紹介です。

Dscn1308 はい!中間パイプです。何が残念なのか分かりますか???カルガモはこれ見た瞬間「ありえねぇー」ってなりました。中華製なら仕方ないで済みますが。一番最初にアップしてある製品画像のパイプ形状と見比べて頂きたい。まずパイプのピース数が違うでしょ・・・。ピースが少なくなれば溶接個所が大幅に減るから生産性はアップしますが、それに伴ってパイプの曲げ角度が異常・・・綺麗なアールになっていません。(逆にトルクが出るかもよwww)


Dscn1306Dscn1307 排気効率を考えても、このアールあり得ないでしょ!!パーツ数減らして手抜きした結果こんないびつな形になってしまっています。しかも無理に曲げているのかアール部分のパイプの断面は円ではなく8角形な感じに・・・。(*´Д`) 溶接もTIGとMIGで仕上げが違うし、そこに関しては綺麗に仕上げてくれていれば文句は出ませんが、この汚さ・・・。俺がやった方がはるかに上手い。まじでこの鋭角なアール(矛盾な言葉ですが)あり得なくないですか????!あまりに酷くて笑いさえ出てきます(-_-)

しかもパイプ側面にはスコーピオンの刻印が入るのですがそれらも付いていません。この際刻印はどうでも良いですが、このアール・・・いやいやいやいやいや、これは販売元に文句のメールを入れましたよ。製品紹介の画像とは違うものが送られてきてますからねぇ~。メーカーの回答待ちですがどうなることやら・・・・。週末なのにテンションダダ下がりですよ( ;∀;) ネタとしては美味しいですがね。なもので取付はしばらくお預けです・・・。

2018年11月 4日 (日)

KSR110 フロントディスク&キャリパー交換だよ!

何だか最近の天気予報は当たらないですね(*´Д`) しばらくは晴れが続くようなこと言っていたのに、今日日曜日は午後から雨模様・・・。来週も曇りベースの感じです。せっかくバイクに乗ろうと決めていたのになぁ~。

そんな天気の日にはバイクの整備!って事で、以前購入したTAKEGAWA ウェーブ形状ディスク&2PODキャリパーの交換です。ボアアップはもうちょい待ってっておくんなましぃ~('ω')ノ

Dscn1277 ジャン!と言う訳で早速KSRをジャッキアップしてフロントタイヤを外します!ちなみに赤いウマはもしジャッキが外れた時の保険です。ジャッキアップする前にアクスルシャフトとキャリパーサポート類のビスを緩めておくことを忘れずに。

Dscn1278 ホイルからディスクを留めているビスを外しますが、ネジロック剤が付いている&ヘックスビスの為、手動工具ではまったく歯が立ちません。エアーインパクトレンチで外しました。


Dscn1276 ディスクの大きさの比較。ウェーブ形状になっているので有効面積的にはあまり変わらないかも・・・。でもしかし、重さが全然違います。計ってはいませんがTAKEGAWA製ディスクはかなり軽く作られています。持ち比べてみてビックリです!センターハブ?部分がアルミアルマイト製だからですね。
ネジロック剤をビスに塗ってディスクを取り付ければ、ホイル側はOKです!ホイルを車体に取り付けて次はキャリパーです。

Dscn1279 こちらは純正のキャリパーをホースから外して(緩めてフルードを抜きます)新しいキャリパーを取り付けます。バンジョーボルトのアルミワッシャーは新品に交換。バンジョーもストレートタイプだときついので、角度が付いたものに交換します。
ちなみにキットにはメッシュブレーキホースも付属していますので、こちらに交換してもOKですが、カルガモのKSR110は以前メッシュに交換していますので、今回ホースは交換いたしません。最後にサポートをフォークに固定すれば完成です。一応パッドとピストン間には鳴き止め剤もぬりぬりしていますよ!固定後フルード入れ&エアー抜きですが、ここでハマってしましました(T_T)

どうやってもエアー抜きが上手くいかないのですよ!どうやらマスター側がエアー噛みしているらしくいくらブレーキればーを握り込んでもスカスカ。格闘する事1時間・・・、状況に変化が無いのでGoogle先生に聞いてみると、注射器でキャリパー側からフルードを圧送すれば良いらしい。なるほど・・・早速トライしてみると「ゴボッ・・・」とリザーブタンクから噛んでいたエアーが見事に出てきました(*´ω`*)一安心。にぎにぎすると反発する感触が!危機は脱しました。


Dscn1280 で、完成したのがこちら!中々イイ感じでしょ!!満足度はそれなりにありますが、言われなければスルーされそうな・・・。欲を言えばキャリパーはブレンボの方がカッコいいけどね(^-^; 安く買えたので良しとします。試走(インプレ)は夜遅かったのでまた今度。次は年明け頃ボアアップ予定!

KSR110 ヒータースイッチだよ!

時期的にアイシングがぼちぼち気になるKSR110&VM26キャブですが、純正キャブのPB18のスプリングが良いらしいと言うことで、VM26にブチ込もうと致しました・・・。しかし取り付けるのがムズイ!?スロットルワイヤーをスロットバルブ固定する際に、このスプリング縮めて押さえるのが難しい。面倒なので諦めました。

そこで気休めで、キャブヒーターを発動するためにスイッチを取り付けることにします。キャブヒーターにはサーモスイッチが付いているのですが、イマイチ何℃で発動しているか分からんのです。調べると10℃以下で通電するらしいのですが・・・。

Dscn1272 フレーム左のハーネスから出ているコレがサーモスイッチ。昔見たときには何か分からず、ぷら~んとしていたので「コレ何???」と焦った記憶が有りますが(^-^; の配線をぶった切ってスイッチをかますだけですの加工です。

Dscn1273 最初は直結して強制発動で直結してみたのですがバッテリに気を使い止めました。純正のキャブヒーターは25wらしいので大丈夫だとは思うのですが。

Dscn1274_4Dscn1275_3 Amazonで安いスイッチを購入して割り込ましてあります!これで必要な時にキャブヒーターを発動できます。出来ればキャブに走行風を当てないような工夫も必要かもしれませんね。縦型エンジンならね・・・。
エンジン掛けて5分くらい暖気していると、キャブ表面がほんのり暖かくなってきます。ちゃんと動作しているようですね。一安心です!


Dscn1270 全然関係ないですがヴェゼルのハイビームをLEDに交換しました。これもAmazonでそこそこ安いものを購入しています。一応車検対応と書いてありましたが、怪しい中華製なのでノーマルバルブは手元に置いておきます。年明け車検が有りますしね。正直カットラインが微妙ですがそうそうハイビームは使わないので様子を見ます。

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31