« KSR110がKSR125になるよ! | トップページ | ヘルメット&インカム新調したよ‼ »

2019年5月12日 (日)

ストリートトリプル765RSのサス調整だよ!

今回は久々にStreet tripleネタで行こうと思います。タイトルにある通りサス調整の話です!
と言ってもカルガモ自身そんなハードな走りをする訳では無いので、詳しくは良く分かりません・・・。ただ何となくフロントフォーク硬いかなぁ~って感じている程度。ちなみに今回はフロントフォークのみに絞ります。リアは以前プリロード2回転ほど緩めています。これは1Gの時の足付向上を狙ったものなので、機会を見てリアも調整したいと思っています。

Dscn1485
Dscn1484
いつ見てもカッコがイイストリートトリプル君。距離は約2年で3500Km弱。基本通勤には使っていないので距離はいかないですね(;^ω^)関係は無いですが奥のクロスカブ110も、ドリーム店で1か月点検に行ってきてオイル交換だけしてもらいました。距離は約800Kmこちらは通勤でも使っていますので着実に距離は延びますね。


Dscn1479
ストリートトリプルRSには、Showa製41mm径 倒立式セパレートファンクション・フルアジャスタブルビッグピストンフロントフォーク(BPF)が装備されていて、プリロード、リバウンド及びコンプレッションダンピングを調整可能です。画像はフォークのトップ側でダンピング調整のアジャスターが見えます。このアジャスターを時計回りで増、反時計回りで減。
標準値(スポーツ)でTEN側4 COP側5となっていますが、この時注しなければならないことが時計回りで最大値(増)にしてから、そこからの戻し(減)回転数となります。とりあえずデフォルトではこの数値になっているようです。コンフォートですとTEN側5.5 COP側7という表記なのでカルガモはその設定で様子見ます。


Dscn1480
ボトム側のアクスルシャフトの上部にあるシルバーのがバネ(プリロード)の調整アジャスターです。こちらも時計回りで増、反時計回りで減。標準値はトラック、スポーツ、ロード、コンフォート、2人乗り全てにおいて3.5の表記です。但しこちらは反時計回りに最弱値に合わせてからの締込(増)回転数となるようです。つまりさっきと逆って事ですね。しかも、こちらはアジャスター自体クリック感が有るタイプなので、回転数だと分かりにくいので、カルガモは7クリック締めこんだ位置で様子見です。ダンピング含めて左右共に調整します。


Dscn1481
Dscn1482
サス調整にはシート下の車載工具を使います。各ヘックスレンチと下側の丸いコインみたいな工具。この工具は裏側がマイナスの先っぽみたくなっています。ダンパーの調整はトップブリッジ側ですが、丁度ハンドルバーが干渉するのでこの特殊工具が必要になるようです。セパハンなら通常のマイナスドライバーで行けますけどね。


Dscn1483
このように当てがって使いますが、ケーブルが邪魔して、まぁまぁ~使いにくい工具(^-^; 各メーカー似た工具が有りますがどれもイマイチな感じでございます。こう言うのって工具無しで調整できるようにして欲しいものです。

とまぁ~これでしばらく走ってみて細かい調整をしていきますが、調べてみるとダンピング側はほぼ最弱っぽい感じです。取説には最弱強値が表記されていないので分からんけど(調べれば良いだけなんだけどさ)違和感が出るようなら再度調整し、決まったらリア側もトライしたいと思います!

« KSR110がKSR125になるよ! | トップページ | ヘルメット&インカム新調したよ‼ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KSR110がKSR125になるよ! | トップページ | ヘルメット&インカム新調したよ‼ »

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31