« シグナスX オイル交換だよ! | トップページ | ストリートトリプル765RSのサス調整だよ! »

2019年5月 6日 (月)

KSR110がKSR125になるよ!

前々から話していましたKSR110のボアアップを、この連休中に実施いたしましたよ!作業中の体勢はほぼ中腰・・・おかげで腰が悲鳴を上げていますが何とか組み上がりました!マジで二輪のリフトが欲しい(^-^;
今回使用したのはキタコ125㏄ボアアップキット。たまたまAmazonで安い時期に購入してあったもので、ポイントも使用して約22000円位でした。キット内容はカム、シリンダー、ピストン、ピストンリングとなっています。125㏄だとZ125Proの流用でボアアップすることも可能ですが、この場合はハイカムにはならないと思います。他、社外ですと138㏄や、143㏄、178㏄など御座いますが、まぁ~色々と面倒なので。
ちなみにキタコはサービスマニュアルが有ることが前提となっていますので、もし交換なさる方が居た場合注意。武川の親切丁寧な取説がWebでDL出来るので合わせて見ればニッコリ!武川の取説は素晴らしいの一言に尽きます!!

Dscn1467_1
詳しい説明はしませんが、要点など一部を説明しています。エンジン左側のジェネレーターカバーを外すと上死点を合わせるTマークがそれぞれあるので、それらを合わせないとシリンダー&ヘッドの分解が出来ないので注意!ビックリしたのがジェネレーターハウジングの一部に乳化したオイルがへばっていました。その量自体は微量でしたがやはり小排気量のエンジンは注意が必要ですね。
画像は有りませんがエンジン右側のオイルラインと、ヘッドナット(一か所)銅パッキンは別途用意が必要です。部品番号11009-1344×4個、11060-1862×1個


Dscn1473  Dscn1472
ヘッド左下にガイドピンが有りますが右上のが1個行方不明・・・。結局タイヤの陰に転がっていましたが、こういった部品取外した際に無くしがちなので注意して下さい。ヘッド燃焼室内ですがカーボン蓄積具合はどうなんでしょう?良く分かりませんが、何となく落とせるカーボンは掃除をしておきます。
カムは右側が既設カムです。リフト量が変わるのでしょうけれど、見た感じはそこまでの違いは無さそうです。本当はボアアップとカムの交換は別で作業をして走りの違いを試したかったけれど、めんどくさいので同時交換です。


Dscn1471  Dscn1474
いつも思うが横型エンジンはこういった作業時は楽でいいですね!ピストンリング切り欠きは向きが指定されているので、基本120度ずらして取付。新しいピストンを付けるときサークリップが飛んでいかないようにね!(一度無くしている経験あり)ピストンにも向きがあるよ、EX側が下向きになるようにしてコンロッドに取り付けます。
ガスケットをクランクケース側に入れて、ガイドピンも忘れずに入れてシリンダーをぶち込みます!シリンダーを入れる際にカムチェーンガイドが微妙に邪魔なので確認しながら。組み込む際はオイルの塗布を忘れずに。


Dscn1475  Dscn1476
そしていきなり完成です!途中もうグダグダで写真撮るのもままならない感じでしたので(*´Д`) バルブクリアランス吸排気とも0.04㎜で調整し、オイルエレメントも交換して、オイルは10W-40の部分合成油を1L入れています。ちなみに前回交換時より2200㎞走行しています。
欲言えば黒に塗装したい気もしますね。この方が交換していることが(見る人が見れば)分かるから良いのか?関係ないけどチェーンの清掃&注油もついでにやっておきました。


Dscn1478
エンジンはとりあえず無事に掛かりました。エンジン開けた時ってこの時が一番ドキドキします。各部液漏れ、排気漏れも無さそう。異音も大丈夫かな?残りはキャブの調整ですがこれはまた今度。現状PJ #15、MJ#140、クリップ2段目です。メインは145でも良さそうだけどね。慣らしも含めて走って色々確認しないとですね。何かあると怖いので暫らくは通勤に使うのはやめておこう・・・。



« シグナスX オイル交換だよ! | トップページ | ストリートトリプル765RSのサス調整だよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シグナスX オイル交換だよ! | トップページ | ストリートトリプル765RSのサス調整だよ! »

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31