« Street Triple 765 オイル交換だよ! | トップページ | OBD2 ELM327 スキャンツールだよ! »

2019年6月 2日 (日)

エンジンチェックランプ点灯らしい・・・

Street Triple 765 前回のオイル交換に続き、スロットルボディーの清掃をしてみることに。ストトリは昔からスロットルボディーが汚れやすいと言う持病が有るようで、そこから起因するトラブルも耳にします。765に関してはまだ聞きませんけどトラブルは未然に防ぎたいですからね。ってことで作業開始!

まず初めにタンク固定のヘックスボルト2本を外してタンクを持ち上げます。この時に450mm前後のつっかえ棒(木の棒)が無いとタンクが固定できませんので注意!国産車だとこのつっかえ棒が付いていたりするのですが、外車はそう言うところに気が回らないのかな? ここで一つやらかします。ヘックスボルトと合わせてワッシャーが噛んでいるのですが、ヘックスボルトを抜く際にワッシャーの存在に気が付かず、フレームの隙間に落ちてしまい行方不明に・・・。多分ヘッドが見えるまで分解しないと救出不可能なので諦めます。(余ってる別のワッシャーで対応)

次にタンクの下にエアクリーナーBOXが見えますのでエアクリBOXの蓋のビスを外します。中央部にも1本ビスが有るので忘れずに外すこと。BOXには色んな補器類のコネクターが刺さっているので干渉するものだけ抜き取ります。BOX蓋を上に持ち上げればエアーエレメントとご対面。


Dscn1512 Dscn1514
エアーエレメントは思っていた以上に綺麗でした。一応軽く清掃はしておきます。エアクリの蓋裏にも何やら怪しいセンサーらしき配線が伸びています。エアフローセンサーでしょうかね?いや~~~やっぱりサービスマニュアル探した方が良いなぁ~。675時代は英語版が出回っていたのですけど、新生765は確認できていませんが有るのでしょうか?


Dscn1515
そしてスロットルボディーと何んとなくご対面。しかしここからが悲劇の始まりです。765はスロットルバイワイヤなのでアクセルとスロットルは物理的に繋がっておらず、イグニッションOFF時には何も反応してくれません。チンぴくすら有りません!そこで、エンジンスタートはせずにON状態にします。するとアクセルと連動してバタフライバルブが動くようになります。この時に外したコネクター類はそのまま・・・。

スロットル内部の汚れは思ったほどなくて綿棒で軽くこすって終了となったのですが、酷い場合はパーツクリーナーなども使って綺麗にすればいいのですが、アクセル固定するもの(ブレーキストッパーなど)が無いと作業がしんどいです。

作業が終わり逆の工程で戻していきます。途中無くしたワッシャーの行方を確認してみましたが発見には至らず。全てを元通りにしてエンジンを掛けてみたところ・・・メーター内にエンジンチェックランプが!!!


Dscn1516
あぁ~~~~ぁ、何となく嫌な予感はしていたんだが・・・。多分コネクター類抜いてON(エンジンはOFFでしたが)にしたことが原因かと思われます。一応走った感じは問題無さそうだったので。これを消すためにはディーラーに行くか、ECUにアクセスしないといけません。一応シート下には一般的に見るOBD2のアクセスコネクターが有るのでダメもとで繋いでみることにします。

その名もOBD2 ELM327 スキャンツール!この辺は未知の領域です。
これでだめなら素直にディーラーに足を運ばないとね。ってことで続きは次回です。

« Street Triple 765 オイル交換だよ! | トップページ | OBD2 ELM327 スキャンツールだよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Street Triple 765 オイル交換だよ! | トップページ | OBD2 ELM327 スキャンツールだよ! »

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31