2019年6月 1日 (土)

Street Triple 765 オイル交換だよ!

カルガモのStreet Triple 765ももうじき4000kmになります。2年でこの距離ですが自分的には結構走っている感じなんですよね(*'ω'*) Monster796の時には3年で3000kmでしたから・・・。で、そろそろオイル交換時期なのでオイルの銘柄を何にしようか?って事なんですが。

トライアンフ純正指定は言わずと知れたカストロールBPです。まぁ~無難な選択ですね。但し、ディーラーではよくモチュールを勧められますけど(^-^; V300とか値段が高いのでカルガモ的には微妙かな。Ductiなんかはシェルのアドバンスが指定オイル。あれもかなりお高いですが指定オイルでないと場合によっては保証が受けれないとか・・・。安くて良いオイルってなると眉唾物になることも有ったりしますが、今回は巷で話題のAZをチョイスしてみます。


Dscn1504
今回チョイスしたのは全化学合成油で10W-40の MEG-018です。4LでAmazonで ¥3,450-とかなりお安い。しかしレビューもネットで色々出ているし悪いオイルでは無さそう。問題無ければ全てのバイクAZのオイルにしようかな?
AZって聞きなれないかもしれません。ケミカル用品でそこそこ有名らしいのですが、カルガモは全く知りませんでした(*´Д`) が、近所のD2に行ったらケミカル系AZがかなりの種類置いてありました(汗)AZってパッケージデザインで損している気がする。
オイルはどこかのOEMなのか分かりませんが、ベースオイルは自社生産ではないと思います。オイルの詳細等がメーカーHPにもどこにも出ていない。この辺が眉唾なんだよねぇ~。



71ua41aanl_sl1000_
しかもオイルのグレード分けが良く分からない。右に行くにしたがってグレードが高いって事みたいだが・・・使用用途とグレードがちぐはぐな感じがします。例えば017と020はどっちがグレード上か微妙じゃないですか???もう少し簡単明確にして欲しいなぁ~。


Dscn1505 Dscn1508  
ドレンボルトを緩めてオイルをサクッと抜いて放置、その間にオイルエレメントも交換します。エレメントはユニオン工業のMC-620、こちらも安い奴です 約¥700- ちなみにベスラのエレメントですと¥1,200-位ですね。レンチが無かったのでカラスで掴んで外しました。取付は手締めでOK!画像は有りませんがにドレンパッキンは問題無さそうだったので再利用しています。オイルの量ですが、エレメント交換時は3.1L、オイルのみの時は2.9Lです。ドレンを閉めてオイルジョッキで測って入れれば完了!


Dscn1509
エンジン1~2分始動してオイルを循環させてからバイクを立てた状態でゲージの確認。大丈夫そうです!あとはこのオイルがどの程度持つかですが、化学合成油は汚れるのも早いし、酸化も早いので、3000Km、半年がベストでしょうけど、まぁ~多分1年後かな(^-^;
画像ですと分かりにくいですがオイルフィラーキャップを赤のアルマイトのもの(AliExpressで$3.66)に交換しました。

そしてこの後、別の作業を行ったのですがそこでトラブル発生です!それは次回のお楽しみ。


2019年5月26日 (日)

ルブリケーターを使ったよ!

先日、Amazonで有るものを購入しました!
最初はYoutubeで見て知ったのだけど、これはとても便利そうということでポチってしまいました。
その名も『EK(イーケー) メンテナンスセット』略して EKメン と・・・。何とも安易な(^-^;
いわゆるチェーンのメンテナンスセットですね。

欲しかったのはそのセットの中に入っている、『ルブリケーター』です!

Dscn1497 Dscn1498
手に持ってみると大きさの割にズシっとくる重さ。重さを量ってみたところ41g有りました。これが何かというと、チェーンルブがピンポイントで綺麗にムラ無く注油することが出来る画期的なアイテムです!!!
裏面にはチェンにあてがうガイドが付いていて、これが飛散防止にもなっています。なぜ今までこんなアイテムが無かったのだろうと思ってしまうくらい良くできた商品で、出来れば単体で売ってもらいたい。そう、これを手に入れるにはメンテナンスセットを購入しないといけないのです( ;∀;)

正直チェンクリーナーも、チェーンルブも、別なものを持っているので現状全く必要ないのですが、ルブリケーターを手に入れるためには仕方ないですね。まぁ~消耗品なので持っていても困る事も無いのですが、お値段が4000円近くするのが微妙です・・・(ファミコンカセットの抱き合わせ販売的な臭いもしますが)でも自分でメンテするなら購入して損はしないと思います。


Dscn1500
画像はストリートトリプルRSのチェーンです。チェーンクリーナーで清掃後に、チェーンルブをルブリケーターを使用して注油しました。流石に実施風景は一人で撮影は無理でした(^-^; それまでは段ボールなどを裏にあてがい、周りに飛び散らないように注油していたのが、まぁ~簡単に作業が出来てしまいます。久々の感動商品です!
ついでにチェーンのテンション調整も実施します。距離は3900㎞です。調整にはメンテナンススタンドと27mmのソケット&レンチが必要です。調整幅は20~30mm。前回の調整から2000km弱ですかね。そうそう面白い記事を見つけたのでリンクしておきます。チェーンの意外なお話が出ています。

そろそろエンジンオイル交換もしないとですね・・・。オイルの銘柄何を使用しようかなぁ~?





2019年5月12日 (日)

ストリートトリプル765RSのサス調整だよ!

今回は久々にStreet tripleネタで行こうと思います。タイトルにある通りサス調整の話です!
と言ってもカルガモ自身そんなハードな走りをする訳では無いので、詳しくは良く分かりません・・・。ただ何となくフロントフォーク硬いかなぁ~って感じている程度。ちなみに今回はフロントフォークのみに絞ります。リアは以前プリロード2回転ほど緩めています。これは1Gの時の足付向上を狙ったものなので、機会を見てリアも調整したいと思っています。

Dscn1485
Dscn1484
いつ見てもカッコがイイストリートトリプル君。距離は約2年で3500Km弱。基本通勤には使っていないので距離はいかないですね(;^ω^)関係は無いですが奥のクロスカブ110も、ドリーム店で1か月点検に行ってきてオイル交換だけしてもらいました。距離は約800Kmこちらは通勤でも使っていますので着実に距離は延びますね。


Dscn1479
ストリートトリプルRSには、Showa製41mm径 倒立式セパレートファンクション・フルアジャスタブルビッグピストンフロントフォーク(BPF)が装備されていて、プリロード、リバウンド及びコンプレッションダンピングを調整可能です。画像はフォークのトップ側でダンピング調整のアジャスターが見えます。このアジャスターを時計回りで増、反時計回りで減。
標準値(スポーツ)でTEN側4 COP側5となっていますが、この時注しなければならないことが時計回りで最大値(増)にしてから、そこからの戻し(減)回転数となります。とりあえずデフォルトではこの数値になっているようです。コンフォートですとTEN側5.5 COP側7という表記なのでカルガモはその設定で様子見ます。


Dscn1480
ボトム側のアクスルシャフトの上部にあるシルバーのがバネ(プリロード)の調整アジャスターです。こちらも時計回りで増、反時計回りで減。標準値はトラック、スポーツ、ロード、コンフォート、2人乗り全てにおいて3.5の表記です。但しこちらは反時計回りに最弱値に合わせてからの締込(増)回転数となるようです。つまりさっきと逆って事ですね。しかも、こちらはアジャスター自体クリック感が有るタイプなので、回転数だと分かりにくいので、カルガモは7クリック締めこんだ位置で様子見です。ダンピング含めて左右共に調整します。


Dscn1481
Dscn1482
サス調整にはシート下の車載工具を使います。各ヘックスレンチと下側の丸いコインみたいな工具。この工具は裏側がマイナスの先っぽみたくなっています。ダンパーの調整はトップブリッジ側ですが、丁度ハンドルバーが干渉するのでこの特殊工具が必要になるようです。セパハンなら通常のマイナスドライバーで行けますけどね。


Dscn1483
このように当てがって使いますが、ケーブルが邪魔して、まぁまぁ~使いにくい工具(^-^; 各メーカー似た工具が有りますがどれもイマイチな感じでございます。こう言うのって工具無しで調整できるようにして欲しいものです。

とまぁ~これでしばらく走ってみて細かい調整をしていきますが、調べてみるとダンピング側はほぼ最弱っぽい感じです。取説には最弱強値が表記されていないので分からんけど(調べれば良いだけなんだけどさ)違和感が出るようなら再度調整し、決まったらリア側もトライしたいと思います!

2019年5月 6日 (月)

KSR110がKSR125になるよ!

前々から話していましたKSR110のボアアップを、この連休中に実施いたしましたよ!作業中の体勢はほぼ中腰・・・おかげで腰が悲鳴を上げていますが何とか組み上がりました!マジで二輪のリフトが欲しい(^-^;
今回使用したのはキタコ125㏄ボアアップキット。たまたまAmazonで安い時期に購入してあったもので、ポイントも使用して約22000円位でした。キット内容はカム、シリンダー、ピストン、ピストンリングとなっています。125㏄だとZ125Proの流用でボアアップすることも可能ですが、この場合はハイカムにはならないと思います。他、社外ですと138㏄や、143㏄、178㏄など御座いますが、まぁ~色々と面倒なので。
ちなみにキタコはサービスマニュアルが有ることが前提となっていますので、もし交換なさる方が居た場合注意。武川の親切丁寧な取説がWebでDL出来るので合わせて見ればニッコリ!武川の取説は素晴らしいの一言に尽きます!!

Dscn1467_1
詳しい説明はしませんが、要点など一部を説明しています。エンジン左側のジェネレーターカバーを外すと上死点を合わせるTマークがそれぞれあるので、それらを合わせないとシリンダー&ヘッドの分解が出来ないので注意!ビックリしたのがジェネレーターハウジングの一部に乳化したオイルがへばっていました。その量自体は微量でしたがやはり小排気量のエンジンは注意が必要ですね。
画像は有りませんがエンジン右側のオイルラインと、ヘッドナット(一か所)銅パッキンは別途用意が必要です。部品番号11009-1344×4個、11060-1862×1個


Dscn1473  Dscn1472
ヘッド左下にガイドピンが有りますが右上のが1個行方不明・・・。結局タイヤの陰に転がっていましたが、こういった部品取外した際に無くしがちなので注意して下さい。ヘッド燃焼室内ですがカーボン蓄積具合はどうなんでしょう?良く分かりませんが、何となく落とせるカーボンは掃除をしておきます。
カムは右側が既設カムです。リフト量が変わるのでしょうけれど、見た感じはそこまでの違いは無さそうです。本当はボアアップとカムの交換は別で作業をして走りの違いを試したかったけれど、めんどくさいので同時交換です。


Dscn1471  Dscn1474
いつも思うが横型エンジンはこういった作業時は楽でいいですね!ピストンリング切り欠きは向きが指定されているので、基本120度ずらして取付。新しいピストンを付けるときサークリップが飛んでいかないようにね!(一度無くしている経験あり)ピストンにも向きがあるよ、EX側が下向きになるようにしてコンロッドに取り付けます。
ガスケットをクランクケース側に入れて、ガイドピンも忘れずに入れてシリンダーをぶち込みます!シリンダーを入れる際にカムチェーンガイドが微妙に邪魔なので確認しながら。組み込む際はオイルの塗布を忘れずに。


Dscn1475  Dscn1476
そしていきなり完成です!途中もうグダグダで写真撮るのもままならない感じでしたので(*´Д`) バルブクリアランス吸排気とも0.04㎜で調整し、オイルエレメントも交換して、オイルは10W-40の部分合成油を1L入れています。ちなみに前回交換時より2200㎞走行しています。
欲言えば黒に塗装したい気もしますね。この方が交換していることが(見る人が見れば)分かるから良いのか?関係ないけどチェーンの清掃&注油もついでにやっておきました。


Dscn1478
エンジンはとりあえず無事に掛かりました。エンジン開けた時ってこの時が一番ドキドキします。各部液漏れ、排気漏れも無さそう。異音も大丈夫かな?残りはキャブの調整ですがこれはまた今度。現状PJ #15、MJ#140、クリップ2段目です。メインは145でも良さそうだけどね。慣らしも含めて走って色々確認しないとですね。何かあると怖いので暫らくは通勤に使うのはやめておこう・・・。



2019年3月21日 (木)

クロスカブ110 とりあえず!

せっかくの祭日なのに午前中は雨模様、午後は強風でバイクで出掛けるどころでは無かったですが。こんな時はバイクを弄ってあげましょう!

まだまだ慣らし運転中のクロスカブ110ですが、実は購入2日目にはドライブスプロケットを14T→15Tに交換しました。不整地走ることを考えると14Tのままでも良いと思うのですが、流石に普段交通の流れに乗るとなると回転数が上がり過ぎてしまいます。逆に公道(ロード)オンリーであれば16Tの方がより快適に走れるみたいです。カルガモは間をとって15Tとしました。ちなみに画像にあるチェーンガイドは、15Tの場合はノーマルのままでも良いみたいです。16Tの場合は交換。

Dscn1361_1
メーター照明と、テールランプもLEDに交換します。テールランプは最初2個780円と言う安物を購入しましたが、スモール時とストップ点灯時の差が微妙で速攻ゴミ箱行に・・・。新たにレビューで確認して別のものを購入しました。メーター照明はバックライトのみをLEDに他の警告灯類はそのままです。この辺のLEDも年々進化&安くなっているんですが、どのように光るのかレビュー等で確認しないと銭失いになってしまいます。耐久性は察しの通り分かりませんがな(^-^;


Dscn1364_1

Dscn1365_1
Dscn1363_1


最後はUSB電源の取出し。2019年、メーカーもこの辺は標準装備にして欲しい。有って困ることは無いからね・・・。
ここは加工がだるかったのでキタコのカプラーオンの物で対応しました。クロスカブ(JA45)は外装の取外しが割と大変で、一か所爪折っちゃいました( ;∀;) まぁ支障は無いんですがね。その外装外してキーシリンダーのカプラーから割り込ませて接続するだけ、専用設計なので簡単、スマート。配線は外装のスリッドから出して専用のステーで外装と共締めです。当然ACC連動しているのでキーでUSB電源もON/OFFできます。USBは2P有り、1Pで使用する分には2A流れます。通常はスマホしか繋げないので問題ないですね。給電中は青く光ります!



Dscn1370_1

Dscn1373_1


外装外してFIが丸見えになります。昔ならキャブが鎮座していた場所ですが、カブのスロットルボディーは京浜製なんですね。これもいずれ交換してみたいですが、カブって不思議でノーマルのままでも良いなぁ~って思っちゃう!この乗り味で良いじゃん!!ってなっちゃう不思議な魅力が有ります。それと全体のフォルムのバランス、道具としてのカッコ良さがあってやっぱり別格な感じ。ただ先代の少し角ばったカブはなんか違いますけど・・・。


Dscn1369_1
Dscn1372_1

最後にココログのシステムが変わって色々編集しづらくなってしまい、表示方法などおかしくなっているかもしれません。あしからず(-_-)

2018年11月18日 (日)

ストリートツイン SSK 可倒式アジャストレバーに変えたよ!

嫁さんが乗るstreet twinですが、私が勝手にレバーを交換してしまいいました!(嫁には事後報告)

SSKの可倒式アジャストレバーです。これがビックリするくらい安く買えた。約2500円ですよ!!ただストリートツイン用とは書いていなかったのですが、この辺のブレーキ&クラッチ周りってニッシン製なので、ダメもとで購入したら取り付け出来た感じ。ちなみにSSKのレバーSetは12000円位します。


Dscn1311 本当はストリートトリプルRS用が欲しかったのですよ・・・クラッチ側はコレが取付できるのですが、RSはブレーキ側はレシオ調整が付いているので、可倒式になると皆無です。多分ブレンボの可倒レバーが付くかもしれないのですが、片方のレバーだけで20000円前後するのでムリポ( ;∀;)

で、このSSKのレバーですが、転倒時にレバー折れを回避する為に可倒するのと、レバーがショートからロングまで変更が可能。画像は一番短くしていますが、最終的には嫁に確認して最大限まで伸ばしました。


Dscn1312 レバーのアップ画像ですが、作りはかなりしっかりしています。レバー位置は6段階で調整可能。当然取付に伴うガタつきは皆無で可倒部分のヒンジもカッチリしていますね。上でも書きましたがクラッチレバーのホルダーはトリプルも同じ形です。


Dscn1313 こちらはブレーキ側です。本当はマスターシリンダーの交換したいんだけど・・・。ストリートツインはフロントブレーキがウィークポイントでね。マイナーチェンジモデルはブレンボのキャリパーRディスクにアップグレードされていて、当然だけど羨ましい!流用は可能でしょうが金額的に微妙です。自分のバイクなら間違いなく検討しますけど(^-^;


Dscn1315 裏側はこんな感じになっています。レバーの長さを固定するビスが心もとない気もします。振動で緩んでこないか気になります。シルバーの純正レバーからブラック/レッドになりかなり引き締まりました!見た目は勿論大事ですが、操作系は使い心地が重要です。交換後まだ走っていませんが違和感は無さそうです。


Dscn1316 SSKの嬉しいところ!ステッカーの他にリアルカーボンのキーホルダーが素敵です!使うかは分かりませんがこう言うおまけは良いと思います。

2018年8月26日 (日)

工具のお話だよ!

何となく8月が終わろうとしています。子供の頃は夏休みが終わってしまう&宿題どうしよう的な月末ですが、大人になっても夏の終わりって何だか切ない・・・。

今年の夏は野菜が高騰しましたが、唯一下がっているものも有ります。と言っても果物なんですが、私が大好きな「皮ごと食べれて果肉感が美味しいシャインマスカット!!」去年の出始めは3000円前後していたものが、2000円弱で買えます。これから出回るのでさらに安く買えます!作っている農家さんが増えているのと、天候のせいも有ると思います。何はともあれ幸せです。

さてこのブログ「カルガモの二輪的ガレージ生活…」と言っていますが、工具類ってほとんど紹介していませんね。過去にコンプレッサーを紹介したくらいかな?と、言うことで今回工具の話というカテゴリーを増やしてみました。

多分皆さんもそうだと思いますが工具って一気に揃えるものではなく、必要に迫られてその都度増えていくものですよね!?今でこそ安い工具屋さんも多々ありますが、基本それなりに高いものです。しかも1度しか使わない工具も有ったり。今後は都度増えていく工具を紹介するのと。今回は今ある工具の簡単な画像を貼ります。細かい紹介はしませんが気になるモノが有ればピックアップいたします。まぁ大したものは無いんですけど・・・。


Dscn1069
メインのツールボックスの上段とその下の引き出し。上段は雑工具全般、引出はニッパー&ストリッパー類、ドライバー、ペンチ類です。このツールボックスも安物なのでもう少し良い物が欲しい。珍しい工具だと上段真ん中のトルクドライバーですかね。


Dscn1070
引出2段目は、コンビネーションレンチ類、スパナ、ヘックス、トルクスレンチなどです。この辺の工具はもう少し充実させたいですが・・・よく使う10~17㎜が有れば事足りるんですよね。この辺も都度揃えたためメーカーなどはバラバラです。


Dscn1071
3段目の引出はラチェット、トルクラチェット(小)、ソケットレンチ類。ラチェはnepros製が2本で奢りましたが、初期型と後期型でギアの数が違います。ソケット類はKTCや無名メーカーのものです。ショートソケットはあまり使わずディープソケットばかり使っていますね。一応この辺が工具の花形だと思います!


Dscn1072
4段目は大きいサイズの工具になります。トルクレンチやメガネレンチ、エクステンション類クランクケースセパレーターなど。ちなみに小さいサイズのメガネレンチは持っていません。


Dscn1073Dscn1075
ツールボックス下の棚にはバッテリー充電器やタップダイス、チェーンカッターなどが雑に置かれています。反対側の棚にはケミカル類や外したパーツ類が散乱しております。下側にはスタンド類。見えていませんがBOX内には延長コードやディスクサンダーなど保管しています。

Dscn1080
昔使っていた工具ケースには足回り関係に使う工具メインで保管しています。エアーインパクトレンチ、タイヤレバー、フックレンチがこの工具ケースは椅子や踏み台代わりにもなるので便利です。


Dscn1079
左のグレーな箱は油圧ジャッキ、それとメインのコンプレッサーとなります。この他にもまだまだ細かいものが有ったりはしますが省略します。今後は最初にも書いた通りなるべく工具も紹介できたらと思っていますので宜しくお願い致します。何分お小遣いの範囲ですんで期待はしないでくださいね(^-^;

2018年8月14日 (火)

Vezelのオイル交換だよ!

タイトルにある通り、ヴェゼルのエンジンオイル交換です。と言うか車のオイル交換って何年ぶりだろう???多分GSに勤めていたころなので20年以上前だ(゚Д゚;) 基本車はディーラーさんに、メンテパックみたいなのに入って任せていたんですが、それを更新しなかったので・・・。もうかれこれ1年以上経つので、オイル交換と簡単な点検(24か月)を実施いたしました。ちなみに、春先にエアコンと、エアエレメントの交換、リアワイパーの交換、タイヤローテーション(スタッドレス履き替え)等はやっていました。

Dscn0999
オイルですが特にこだわりは無かったのでAmazonで安いOILを購入。モリグリーン ガソリンエンジンオイル 0W20 SN/GF-5 4L缶 約2,400円 今回オイルエレメントは交換しません。エレメント無しだと3L缶でも間に合いそうですが、値段が100円しか変わらなかったので4L缶で。

エレメント有り 3.3L エレメント無し 3.1L だそうです。 ただこの辺はゲージを確認しながら適当に合わせます。

Dscn0996
最近の車は燃費向上のためにアンダーカバーが装着されているので、それらを外さないとドレンにアクセスできません。ビス6本、クリップ4本で留まっています。それらを外すと画像の状態になるので後は簡単ですね!カバーがあるおかげでエンジン底部は綺麗なものです。液体の漏れなどの確認もしやすいです。合わせて下回りの点検も・・・。

後はドレンを緩めてオイルを出して、ドレンを戻せばOK M14アルミパッキンも交換しておきます。

Dscn1000

規定量のOILを入れ、エンジンを掛けて暫らくしてからゲージを確認します。ゲージが見づらいですがまぁ~適当に・・・結局3.3L入りました。距離29222㎞
車検の時にはエレメントも含めてOIL交換と、LLCやブレーキフルードなども交換ですかね?今見る感じだと問題は無さそうです。流石にブレーキ系はリフトが無いとめんどいので整備工場に任せますけど。

2018年7月22日 (日)

築10年以上・・・

暑い日が続いておりますが夏バテしていませんか?昔は暑くても夕立が有ったものですが、夕立すらも無いしまつ、水不足も心配です。良い事としてはこの暑さで蚊が少ないということ位です。

カルガモ邸もかれこれ築10年を超えております。目に見えない部分でガタが来ている。ふとベランダの掃き出し窓を見ていたら一部フレームがサッシに干渉して(擦って)います。壊れているわけではないので戸車の高さ調整で直りそうですが、いずれ交換することを考えて戸車の型番だけ拾おうと思います。

網戸を留めて居るビスを緩めて外し、サッシを持ち上げて外してみる・・・。うぅぅっ~~~流石にペアガラスのサッシは相当重いです!サッシを置くときにはバタ角などを用意する方が無難ですね。


Dscn0983Dscn0986
サッシの縦枠を外せば戸車にアクセスできます。(画像は縦枠を外してある状態)戸車を抜いた所ASP-3と言う刻印が。これで戸車の予備を購入することができます!ちなみに戸車の径は36㎜でした。ここのベランダ掃き出し窓が一番頻度が高いので消耗は仕方ありませんね。ついでにサッシレールもお掃除してとりあえず復旧します。

それとガレージ入り口にセンサーLEDを設置してみました。2000円以下で購入できたのでまぁお試し的な感じです。電源不要のソーラーバッテリーでビスとコーキングで固定します。

Dscn0990
赤外線センサーで夜は自動で点灯します。このセンサーが曲者で結構な範囲カバーしていて手前10m位の車などにも反応してしまう困ったちゃん。ネットで調べるとセンサーをビニテで隠せば調整できるとの事なので、早速半分をビニルテープで隠します。と言っても後日ですがね。

Dscn0993Dscn0994
周りが暗くなると常夜灯(LEDの下段のみ)が点灯します。赤外線センサーで動的感知をするとフルLEDで点灯します。画像では分かりづらいですが地面の明るさを見ていただけば違いが分かるかと思います。機能的には問題無いですが、耐久性はどうだろう?バッテリーの交換は基本出来ない様なのでどの程度で使い捨てとなるか・・・。

画像は無いですが、リビングのエアコンも大掃除しました。内部ファンなどシコシコ綿棒をを使て地道に清掃・・・とてもしんどいっす!カビはほぼ無いのですが10年分の埃が出てきました。エアコンはそろそろ買い換えたい気もしますが・・・。10年前とどの程度省エネになっているのか???1割程度か、あまり変わらない気もします。まぁ壊れるまで後2~3年は大丈夫かなぁ?

2018年6月 5日 (火)

シグナスXブレーキパッド交換したよ!!

Dscn0962


Amazonから台湾五期用ブレーキパッドが届きました。SDKって書いてありますが勿論無名。ぱっと見作りは悪くなさそうですが・・・。金額は1400円程しました。何で国内仕様とキャリパー統一しなかったのだろう?意味が分かりませんねぇ~。

Dscn0965
左が純正で一目瞭然ですね!形状は当然同じです。結構残量がヤバかったですね(^-^;もう少し早く交換すれば良かったと思います。次回は、10000㎞前後を目標に交換しよう。



Dscn0964

キャリパー本体も綺麗に清掃して特にピストン周りは丁寧に!本当は中性洗剤で洗うのがベストですが、パーツクリーナーとウエスで行いました。ピンやサポートブーツの清掃グリスアップも忘れずに。



Dscn0966

パッド裏面には鳴き止めグリスをヌリヌリ(*´ω`*)…してからサポートに組込みキャリパーに戻します。この際にブレーキ液の蓋を開放しておかないとピストンの戻りが悪いです。シグナスXは、ハンドルカバー内にマスターシリンダーが有る不親切設計の為、かなり面倒ですが・・・。


Dscn0969
マスターシリンダさん、こんにちわ・・・って、ブレーキフルードも約10年無交換なので真っ黒ですね。当然フルードも交換します。エアーだけ噛まないように注意しましょう。ラインを分解しているわけではないので、8mメガネと、ニップルに取付けるホースだけあれば簡単です。ついでにワイヤー類の調整も。


Dscn0970
全て元に戻して完了します。試走したかったのですが夜遅かったので止めておきます。残すは駆動系のリフレッシュを残すのみです。吸排気系位はカスタムしたいですが・・・。お財布事情が良くないので考えちゃいますね。しかしパッとしないカラーリングですね?何でこの車体色を買ったのだろう???

追記

さて、ブレーキフィーリングですが正直微妙な感じです。純正のパッドの方が効いていました。パッドそのものが結構柔らかめなんですよね。減りも早いかもしれませんね・・・。次は別のメーカーのパッドにするかもしれません。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31