2016年7月23日 (土)

ハンドル交換!

どうもカルガモです!

昨日ディーラーから連絡が有り、注文のパーツが入荷したとの事で、今日の午前中ピックアップしに行ってきましたよ。午前中は曇りベースで暑くもなくバイクには優しい天気でした。

そのブツがこちらです。

Dscn0151
袋のままだと何だか分かりませんね。右のパーツは ¥5,080-で、左の2つは各¥4,390-と、合計で¥15,000-弱(税込)でした。やっぱりね・・・安くないですね。

袋を開けて各パーツを組み合わせると・・・。

Dscn0152
そう、ハンドルクランプです。勿論ストリートツインではなく、ストリート トリプル85用純正品。実は、M796で使用していたディライト製のテーパーハンドルが余ってるので付けたいなぁ~って前から思っていたんですね。

でも先に書きますが実はこのクランプ、ストツイには取付出来ません!何となく行けると思ったんですが、やはりちゃんと調べてから買いましょうね(*´Д`)

どうして付かないのかは次の画像で

Dscn0154
画像上のクランプはストツイから外したやつで、下のが今回購入したストトリ85用・・・。お分かりの通りトップブリッジ取付穴の芯々長さが5㎜程度違います!もう致命的ですね。

しかもトップブリッジに固定するボルトも違う。上はネジが切って有りますが、下の85用は穴のみですね。取付方法が同じじゃないんですね。

このままオブジェとして眠らせる・・・? いやいや、ここは加工します!
その前に、足りないボルト、ナット類を買にホームセンターに走ります。が、最初に行ったカインズには六角穴ボルト10×70㎜が置いていない。こんな時には、ジョイフル本田ですよ!当たり前のように置いて有りました。流石ジョイフル本田、出費約500円でした。

ちなみに使えるか確認はしていませんが、85用のボルト類も頼むとビス類だけで4000円位追加になります。

さて、加工の方法ですが・・・。

Dscn0157
この、クランプ上部のパーツをベビーサンダーで切ります( ;∀;)

キュイ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ン!!!!!!!

○※▽◆・・・・×□、※@#●☆・・・・・!!

Dscn0158
パックリ!

いや~もうね、こうなってしまうと汎用クランプで良かったじゃん・・・。Triumphのロゴが良くてわざわざ純正品買うたのにぃ~・・・。ちょっとショックかも・・・・(´・ω・`)

まぁ~でもこれで取付可能となりました。
一応、ディライトのハンドルにも、スイッチBOXやアクセル固定するための穴なんか開けてサクッと取付。

完成しました!

Dscn0162
Dscn0164
こんな感じになりました。

切ったTriumphロゴのクランプパーツは穴開けてキーホルダーとして再利用します。
幅が左右15㎜位短くなったので気持ちコンパクトに。それ以外は正直大きくポジションは変わりません。ほんの気持ち手前かなって感じですね。ハンドルの重さが半分くらいなったので軽量化の方が大きいです。ただ色がゴールドなので少し浮いてしまってる?黒なら一番良かったのですが・・・まぁ~でも交換したのが一発で分かるのでね。ちなみに、左側のグリップはモンスターのそのまま利用しています。

気になるのが、元々トップブリッジのクランプ固定の穴に、振動対策なのかゴムブッシュが入っていてストツイ用のクランプはそれを囲むようにテーパー上に加工して有、ストトリ用はフラットのまま(上のクランプを比べている画像参照)、このおかげで微妙に遊びが・・・。

パーツリスト確認できないので何とも言えませんが・・・。早くパーツリストアップされないかなぁ~。運転してみて場合によっては戻すかもしれません。

追記

ハンドルが軽くなったことで手に伝わる振動が微妙に増えた感じですね。やっぱり重さも大事ですね・・・。

2016年4月23日 (土)

ドナドナ、そして・・・

突然ですが、今日で車検切れのMonster796です。3年で3000km強しか走っていません。その1/3は嫁さんが稼いでいます。冬はほぼほぼ乗らないのでこんなもんですね。

さて、新車から3年と言えば車検が待ち構えています。普通なら車検を通してあと2年は乗るつもりなのですが、今回は売ることにしました・・・。
当初は気に入って購入したMonster796のでしたが、やっぱり速いバイクは街乗りには疲れるんですね。今までも、ドライブスプロケを交換したり、ハンドルを交換したりと乗りやすくする為にやってきましたが、満足行く結果が得られたかと言うと微妙かな。ハンドルの切れ角は絶望的。それともう一つ、整備性の悪さは致命的かな。デザインを優先したツケがこういったところに出るんですね。ディーラーメカニックも大変でしょうけれど、その分工賃が上がりユーザーも大変。更にその工賃をケチるため、自分でやるも大変・・・。基本今のバイクや車はセルフメンテナンスの介入が難しいのかなぁ。

で、今回も売却に当たり買取業者に依頼をして3社来る予定でしたが、1社(.ドットコム)がスッポカシやがりました。電話かけてきてスッポカシは有りえないでしょう(;゚Д゚)!?まぁ~でも2社、で争って頂きましたが、基本同じオークションデーターベースで値付けするので微妙な感じ。特に外車って事も有リセールバリューは思ったほど良くない感じ。ハッキリって極上車なので納得が出来ません。
今回、足を運んでいただいた買取業者さんには丁重にお断りして、最高値を付けた業者の名刺に値段を書いてもらいました。そして、その名刺を餌に近くの赤男爵へ!赤男爵は買取業者のよりも3万円高く買い取ってくれる「ダイレクト買取」をやっているので(条件は有ったりしますが)どうなるか?

赤男爵でビックリしたのがシャーシダイナモみたいな機械で(アシダムって言うらしい)車体のチェックをすること。ある意味こっちも安心して売ることが出来る?勿論異常が有る訳ないので難なくパスして値段が出ました。結果70万円にて売却。当初は75万位が希望だったんだけれど、買取業者は66万がMAXで話にならなかったし、上にも書いたがリセールが良くないんだね・・・。これでダメなら最悪ドカのディーラーだったんですが遠いので今回は良しとします!
誤算だったのが帰りの足。てっきり送ってくれるのかなと思っていたら、公共交通機関の交通費¥1,000-がもらえるだけ・・・目の前にバス停が有るものの帰りたい方向のバスは無し(*´Д`)こんなことなら駅近の赤男爵にしておけば良かった。

バイクを売ったからには新しいバイクが必要な訳で・・・さてさて???(必要ないだろって声もチラホラ)

2014年5月29日 (木)

Ducati Monster 821

ついにと言うか、やっぱりと言うか、発表されてしまいました。
本国イタリアでは2014年7月デリバリー開始。
日本国内販売は現段階では未定ですが、年末位にはお目見えするかも。

Ducatimonster821000                       Ducati Monster 821 

Monster1200と同じ、今トレンドのテスタストレッタ11エンジン。馬力も当然のごとくアップして112hp・・・。しかし水冷です、水冷です、水冷です・・・( ;∀;)
全体的なデザインは好感持てます。赤いホイールがステキです!でもプロアームじゃなくなってしまって微妙。価格は145万円前後でしょうか?タンク容量が増えている点は羨ましいです。

2014年5月19日 (月)

そして、作ったよ!

工具が届いたので、Monster796充電器配線を早速加工・・・。

と思ったら圧着工具のヒンジがむちゃくちゃ硬いぃぃぃ~。シリコンスプレーして開いて閉じてを繰り返して多少ゆるくなりましたが、片手で締められても、緩めることは出来ない感じ。
でも、圧着精度はロブスターのそれよか全然良い感じ。

Dscn1175

とにかく圧着してコネクターにブッ挿す!そして完成!!
これで充電が楽にできますよぉ~(*´Д`)
ちなみに赤い持ち手がロブスターの圧着で、青い方が今回急遽購入した泉精器製作所の圧着工具です。ロブスターは圧着工具の中では割と老舗で信用していたんだけれどなぁ~。電気工事士受けた時はホーザンのリングスリーブの圧着でしたっけ・・・。

そしてさっそく充電開始。
充電器内のチェック機能ランプで見てみると、そこまで減っていないようです。
充電器はセルスター DRC-300です。今回コネクターを取り付けた「コード」が付属していたのでこれも今年になって購入してあったもの。このコードをワニクリップに換えれば、他のバッテリーでも使えるので便利。

Dscn1176
あと、コンセントに挿しっぱなしでもOKなのでそれも有りがたい。
ひとまず冬はこれで乗り切れそうですね!

2014年5月18日 (日)

部品が届いたよ

前回のブログでお話ししましたMonster796充電計画ですが、待望のパーツ類が届きましたよ!コネクターとピン(連鎖型圧着端子)です。

Dsc_0268
FCI製コネクター、品番が673-7789 最低出荷単位が5個。
同じくピン、品番673-7868 100個。

数はこんなに使わんが致し方ない所。値段は2500円強・・・純正充電器買うよか安い。
これらの端子を充電器に付属していた丸端子付コードに取り付ける予定。
しかしここで壁が・・・。連鎖型圧着工具は持っているんですが、いまいち精度が悪い(一応ロブテックス)のか、端子が悪いのか、カシメが上手くいかない。

仕方ないので工具物色中・・・。

2014年5月11日 (日)

Monster796 充電・・・。

Monsterもようやく1年経ちまして、先日通勤で乗って行こうとエンジンを掛けようとしたら、幾分セルフスターターの廻りが良くない感じ。エンジンは程なくして掛かったのですが、やはり冬場の稼働率の低さが原因ですね。

実際は充電器があるのでそれで事足りると思いますが、Monsterはそこまで甘くないのです。バッテリーまでアクセスするのに1時間位の作業を余儀なくされます。
オーマイガッ( ゚Д゚)!!そこで活躍するのが、シート下にあるDDAコネクターです。

Dscn1105
これに充電器を繋げば充電OK!って事なのですが・・・。
そのためには純正の専用充電器が必要なのです。しかもそれなりのお値段(12,480円税抜)がします。ちなみに純正の充電器のパーツNo 69924601AX です。
物には適正価格ってものが有るだろうと思いましたが、欧州でも89ユーロ位しているのでベラボウに高い訳ではないみたいですが、まぁ~でもって感じです。

そこで、これに合うコネクターを探して手持ちの充電器に接続する方法を考えます。
英語力のない中いろいろ調べましたよ。コネクターは4Pで、1番が12V、2番がアース、3番4番がECU通信用となっているみたいです。コネクターメーカーはFCIで、品番が673-7789となっています。

現在これを注文中。
物が手に入り次第また報告します!

2014年3月30日 (日)

グッツ

Dscn0884

じゃ~~~ん!

いきなりですがこれは何でしょう?

国際郵便で届いたブツです。

MotoGP Storeって書いてあるね。

中身は・・・・。

Dscn0885

ここで購入しました。

ユーロ価格なので値段は良く分かりません。

海外通販で正直届くか微妙だったのですが、きちんと届きました。

2014年1月28日 (火)

Monster796 スプロケット交換 其の参

今日は関東では割と暖かい1日になりました。

こう言う日にバイクに乗れないのは勿体ないとつくづく思います。

プロアーム用リングスパナ購入しましたよ!と言ってもネットで購入したのが今日届いたんですけどね。しかし、車載工具にも入っていないのは驚きでした。国産バイクだったら付属していそうなものなんだけどね。

と言う訳で、中断していた作業の再開です。

プロアームの後ろのボルトを2本緩めて、Ducatiの場合リングスパナで時計回り(上から下方向に)ヌメッと回して・・・・・・通常のバイクのチェーン調整より楽ですねぇ~。ボルト締めて完了となります。

Dscn0749
Dscn0751
のっける写真が無かったのでbefore after 

そして、クラッチのエア抜きもサクッと終わらせました。このまま乗りに行きたいのですが、もう21時になるので、そんな根性無くこのブログを更新中です。

2014年1月26日 (日)

Monster796 スプロケット交換 其の弐

今日は気温が14℃まで上がってポカポカ陽気でしたが、場所によっては風が強い感じの1日でした。そんな中、カルガモは休日出勤で新横浜まで・・・。まぁ~現場自体は午前中に終了したのですが場所が遠いので家に帰宅したのは2時前。

微妙な時間でしたが昨日の続きで、Monster796のドライブスプロケットの交換作業。
スタンドが無いと交換は無理なのですが、嫁にバイクを押さえてもらい作業再開。押さえてもらう時間を出来るだけ短時間にするため、事前にクラッチレリーズとサイドスタンドに干渉していないボルト類を外して置きます。

そして嫁にバイクを押さえてもらい、ステップブラケットを外して既設のスプロケを抜きます。XAM製のスプロケット(14T)の位置を合わせて付けますが、これが結構固い・・・。ハンマーを使い軽く叩きながらスプロケを押さえるプレートが取り付く位置まで何とか押し込み、取りあえずステップブラケットとサイドスタンドを先に固定。これで嫁を解放。

で、ここでまた問題発生。スプロケプレートを留めているボルトが入らない。良く見るとXAMのスプロケのネジ穴の芯々が微妙に狭い。仕方ないのでプレートの穴を削って広げて対応しました。XAMさん頼みますよ(;´д`) 

Dscn0742

一応、耐熱用ネジ止め剤を塗ってからボルトを戻しました。クラッチレリーズを元に戻し、チェーンの張り直しをしようとしたとき更に問題が・・・。プロアームのチェーン調整はリングスパナを使うのは知っていまして、工具も持っているのですが、手持ちのリングスパナの大きさが小さい・・・・・。

と言うことで今日はここまで。
明日工具をそろえたうえで、チェーンの調整とクラッチレリーズのエアー抜きを行います。
あぁ~何だかバタバタです。
そうそうガレージも片付けないと(;ω;)

Dscn0745
これがスプロケ取り付け後の画像、チェーンはダルダルですね(^-^;

しかし国産に比べると整備性が悪いDucati・・・エンジンに対して色々なパーツがぶら下がっているから仕方ないんですけどね。せめてクラッチレリーズの位置や形を工夫しろと言いたい。

2014年1月25日 (土)

Monster796 スプロケット交換 其の壱

最近気になるバイクが有ります。

常々「このバイクだけは買わないよ」と豪語しているメーカー・・・。ハレーダビットソン!!
運動性能が高いバイクとの反対側に位置する(カルガモ的イメージ)バイクだったりして、値段も高いし性能向上など無いに等しい(カルガモ的イメージ)。

しかし今、みょうに気になります。ちなみに気になるモデルはXL883N、スポーツスターですね。通称「パパサン」なんて呼ばれています。何きっかけで気になりだしたか分かりません。

Xl883n

特にこの角度がたまらなくカッコイイ・・・。
一応次のバイクの候補に挙げておこう。

それはさて置き、カルガモの現状のツインエンジンMonster796ですが、今回ネットでスプロケを購入しました。
前も言いましたがやっぱり今のままのギヤ比だと乗りづらいんですよ。ただ、実際のところ本国イタリア仕様のECUだとそのままでも乗りやすという噂も・・・。

購入したのはXAM製ドライブスプロケット14Tです。

Dscn0736
XAM(ザム)って国内メーカーさんだったんですね。てっきり海外メーカーかと思っていました。失礼しました(^-^; と言う訳で安心安心。

作業の方なんですが、とんだ所で躓きました・・・。
Monster796のドライブスプロケットを外すに当たっては、クラッチレリーズやステップベースなどを先にはずす必要が有ります。意気揚々とステップブラケットを外しにかかったら、サイドスタンドと共締めされていて、危うくバイクの下敷きになるところでした・・・。
もっと設計を考えろとイタリア人!

Dscn0737
画像の赤丸が共締めのボルト。関係はあまりないのだが、昔バイク屋さんで「海外メーカーのサイドスタンドは弱い」って聞いたことが有る。

こうなるとレーシングスタンドかフロントスタンドが無いとどうにもできません。リア用はプロアームなので専用のものを用意しないといけません。普通のレーシングスタンド持っているんですが、この辺がモドカシイ。出費が大きいのも
フロントタイヤを固定するタイプのものなら「アストロ」とかで安く売っているので、こっちの方が現実的かなぁ~。どちらにしても暇見て買ってこないとイケませんね。


無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31