2013年4月 7日 (日)

ドナドナ

関東は台風並みの荒れた天気。晴れてはいるんだけど、風がやばいくらい強い・・・。
うぬぅ~爆弾低気圧めぇ~。週末毎に天気が悪いので、スイスポの洗車も出来ないまま。それでもスタッドレスから、夏用タイヤには何とか交換しました。

さて、Ducati Monster797の購入は決めたものの、R1000はどうするのか?ディーラーで下取りも考えたのですが、話を聞くと80万円前後との事。悩んだ挙句、初めてのバイク買取業者を使うことに。NETで一括見積をして、めぼしい業者3社にご足労願いました。最初はバラバラの時間にお願いしていたのですが、調べてみるとバッティングさせた方が楽なようなので、同じ時間に変更してもらいました。

各業者さん顔見知りの方もいるようで、雑談しながらの査定。そしてオークション形式で各業者さんに競ってもらい、高値を付けた業者さんに買取となります。
当然ある金額以上の決定権は、現場の人にはないので、皆さん本部に携帯電話で確認しながらの競り合いです。地味ながらも白熱したバトル?が展開していました!
そして、最終的に85万円を付けて頂いた業者さんにドナドナ決定!書類に必要事項記入して、現金をその場でもらい終了・・・売るときはあっけないなぁって思います。

SSの中ではダントツ乗りやすいし、R1000はカッコイイバイクだったなぁ~( ´;ω;`)ブワッ
あまり乗れてなかったけれどね・・・。筑波のライセンスも取得したのに・・・。

ドナドナ

Dscn0132
ドナドナ(´;ω;`)ウウ・・・

Dscn0137
風が強いので帰路がちょっと心配ですね。
でも、正直90万円逝ってほしかったけどね。今回は良い経験をさせて頂きました!

2010年7月20日 (火)

サーキット持物リスト

わりと嫌いな夏本番、いかがお過ごしですか?
各地で猛暑日が記録されていますね・・・。
流石に辛い。

さて、今回は覚書です。ネットで同じようにしている人のをパクッて見ました。

サーキット持物リスト

□ 会員証及びライセンス
□ 受理書及び念書
□  ボールペン
□ 印鑑
□ バイク本体
□ 車輌キー(スペアキー)

□ ヘルメット
□ グローブ
□ ブーツ
□ ツナギ
□ カッパ
□ インナー
□ 脊髄パッド

□ クラッチワイヤー類
□ レバー類
□ ペダル、ステップ
□ プラグ
□ チェーン、スプロケット

□ 発電機
□ ピットボード
□ ストップウォッチ
□ タイヤウォーマー
□ レーシングスタンド
□ 台車
□ ラダーレール
□ 携行缶
□ オイルジョッキ
□ 醤油ちゅるちゅる
□ エンジンオイル
□ ブレーキオイル

□ 工具一式
□ エアゲージ
□ ガムテープ
□ ビニールテープ
□ 両面テープ
□ はさみ
□ カッター
□ 軍手
□ 作業用革手
□ ウエス
□ パーツクリーナー
□ パーツトレー
□ オイルトレー 

2010年6月13日 (日)

ZX-10R

もうソロソロ梅雨らしいです。

この梅雨ですが、『梅雨入り』って表現止めればいいのに・・・。暦の上で梅雨時期です。だけで良いと思いますがどうですか?

さて、土曜日は友人が久しぶりにバイクを中古購入して・・・・。基、『動く』バイクを中古購入して。大型は4年ぶりくらいかな?で、慣らしがてらに(体の)うちに遊びに来ました!暑い中でしたがご苦労様です。以前は、ブラックバード(キャブ)を所有していましたが、通り魔の放火に有って全焼し、見るも無残なカラスの丸焼きになってしまいました。
今回もCBRを狙っていたようです。といってもRRの方ですが。しかし目星を付けていたRRは交渉中で、そこに悪魔のささやき『04 ZX-10Rでも良いんじゃねー』

じゃ~ん
Dscn0141

この10R リヤにはオーリンズが入っていてお得です!
スライダー取り付けの為、サイドカウル外している最中・・・。

川﨑車の良いところは全て「あぁ~川崎だからな」で済んでしまう点です。
それと、人間くさい所かな!

早速乗らせてもらいました(国道直線のみです)が、低速はギクシャク感ありますけど、中速域はR1000よりもマイルドな感じ、思いのほか扱いやすいです。それ以降は回していないので不明。ただ、シート高が825mmで幅も普通あるので停車時は気を使います。走っている時の収まりは良い感じで、モモが自然にバイクを包んでくれます。ハンドルを含めたポジションはやや大柄な感じですが、R1000K7と比べてなので、標準だと思います。
メーターはタコ、スピード共にデジタルでコンパクトにまとめてあるのですが、コンパクト過ぎて少し寂しい。ただ、ストップウォッチ内蔵で右手スイッチBOXの所でラップタイムなど計測可能。

ZX-10Rはこの初期型が一番カッコイイと思います。それ以降はフロントマスクが微妙です。昔はZXRにあこがれていたので、このライムグリーンも好きですし。

今度はサーキット走行会ですね!

2009年11月29日 (日)

そう言えば・・・K10

今日は嫁がツーリング・・・。
寒い中ご苦労(・∀・)

モト・マップからは早くもR1000のK10モデルが発表されています。2年に1度のMC。K9でFMCしているのでK10はカラー変更のみとなっています。と言うかまだスズキは国内仕様を出さないんだ・・・カワサキもまだのようだし。
それと本来は600ccクラス(750cc)がFMCだと思うのですが、こちらもカラー変更で乗り切るつもりなのか・・・?やはり不況の影響があるのかなぁ~。今の国内仕様の各メーカーのラインナップ見るとまぁ~悲しい現状です。それだけ2輪業界は辛い。
唯一ハレーは別格らしいが、いまいち良さが分からないんだよね・・・。

Gsxr1000l0_htm_r_l Gsxr1000z_2 話がそれましたが、R1000のK10のカラーリング。ここ最近の流行なのか、暗い淡い感じの色合いが目立ちます。明るい原色ってのが少ないですね。個人的にはこの色(画像左)が好きです?!カナダ仕様以外のカラーリングが気になります。 25thアニバーサリーモデル(画像右)なんていうのもありますが。

Gsx1251 そしてもう一つ気になる話題。
国内販売はまず無いと思いますが、GSX-R125です。
YZF-R125位魅力的なモデルではないですね。どちらかと言うとタイ製CBR125に近いコンセプトと思われます。
出来れば12インチクラスで出してくれれば嬉しいけれど。

2008年9月27日 (土)

ラジアルクラッチマスター

以前夏のツーリング・・・片道300km弱を下道でセコセコ行った為、慣れないR1000でのクラッチ操作で指を痛めてしまった。特に薬指はパンパンに腫れてしまい帰りはしんどかった。前のBandit1200Sとの乗車姿勢の違いも少なからずあるのですが、ココは思い切ってラジアルクラッチマスター(NISIN製)に交換です。値段も2万円と、重さを軽減できれば高くは無いでしょう。多分R1100などのクラッチに比べれば、R1000の純正でも軽いのかもしれませんが、Bandit1200Sと比べると明らかに重いと感じます。

本体と別途10M×1.25のバンジョウボルトを購入。
フルードを抜いて純正のクラッチを外します。ラジアルクラッチをハンドルに仮付けして、カウルへの干渉など無いかハンドルを切って確かめます。心配していたホースの取り回しも全然問題ありません!ただクラッチのS/W端子が若干きつい感じ。格ネジを規定トルクで締め付けして、フルードを入れてエア抜き・・・・。地味な作業ですがこれをきちんとしないと切れないからね、慎重に作業を進めます。
エアが出てこないことを確認して完了。最後にバンジョウボルトの漏れが無いかを確認!

早速エンジンを掛けて違いを比べてみます・・・・・・クラッチミートのタイミングがやたらと近くなってしまった以外はあまり劇的に軽くなったという印象は無いが・・・。後は実際に運転してみて違いがでるかどうか?あまり変わらなければクラッチリリースも・・・・?しかしお値段が(ToT)

Imgp2455_3


追伸・・・小一時間ほど走ってきましたが、まぁ~前より軽くはなっています。クラッチミートも問題無し(程よい所で繋がり始めます)。短時間の運転で指が痛くなることは無いので、実際はどの程度軽減されるかはまた先の話です。しばらくは様子を見ます。

2008年9月26日 (金)

GSX-R1000 K9

大変御無沙汰しております。
御心配をお掛けいたしていますが、しっかり生きております^^;

さて、YAMAHA R1やSUZUKI GSX-R1000は奇数年がモデルチェンジ時期となっていまして、2009年モデル(K9)YAMAHA R1は既に発表されていましたが、25日、気になるR1000も発表されました!

全体的にはあまり変化は見受けられません。目に付く点ではフロントマスクとマフラーでしょうか?ライトはK1~横長、 K3~は縦長、K5~横長(としておきましょう)、K7~縦長ときて、K9では横長になりましたね。個人的には隼の流れを組む「縦長」が好き。マフラーは見た目チタン?かなと思っていますがカッコイイと思いますが、欲を言えば、全体的にもう少しショートタイプだと今風。それと何故Wマフラーにこだわるのか?
マフラだけで言うと、K5がデザイン性能ともに最高だと思います。

肝心の中身はエンジンが新設計となっています。今までのは750のスケールアップで8年も来ていました。細かい小変更はありましたが、結果的にロングストロークの粘りのあるエンジンでした。新しいエンジンは多少ショートストロークになっているみたいですね。今後の各メディアでのインプレが楽しみです。モードセレクトも健在ですがスイッチの位置が変更になったようですね。確かにサーキット走行で走行中にスイッチをいじるのであれば、左側に有った方が使いやすいですし。

K9は軽量化にも色々苦労したみたいで、クラッチもワイヤー式に変更(個人的に残念)や、ステップ関係を見てもそれが感じられます。マフラーもシングルにすればもう少し削れるんですが・・・。ウインカー内蔵のミラーはCBRみたいにシャープな物に変更して欲しかった。このミラーだけは唯一好きになれないところです。

K5が出た時のような劇的変化を期待していただけに、ホッとしたような残念のような少し複雑な気持ち。

後は国内仕様が出るかどうかですが、国内基準がモトマップが逆輸入するカナダ仕様で通るかどうかにかかってきますね。R1などは既にプレストが輸入断念したので、モトマップには頑張って欲しい(頑張りようが無いでしょうが・・・)
乗りやすい国内仕様が出るのは歓迎しますが、価格が上がってしまうのが心配です。
今後の動向を見守りたいと思います。

P.S この度、画像を拾ってきました。上に書いたモードS/W変更無いじゃないか!

Cockpit_gsxr1000k9_2

2008年1月13日 (日)

修理中 2

今回のお休みにバイクの修理を・・・と思っていたのですが、カルガモの親が家に来ることになって、入りびたりは出来なくなりました。土曜日は朝一でジョイフルに工具の買出し&食料買出し、その足で親を駅まで拾いに行ってとドタバタで。

その合間をみてガレージに行き作業をしました。肝心のジェネレーターケース内側のビスですが、ヘックス(ヘキサゴン)のソケットを購入したので、それで難無く外せました。外せない原因は高強度ネジ止め剤でした。なぁ~んだと、思ったのもつかの間、取り付ける時にはそのネジ止め剤が必要ということ・・・しかも耐熱。そんなのが売っている場所はやはりジョイフル。車でひとっ走り買いに逝きます。

何とか取り付けをしたものの、こう言う増し締めなどが出来ない所は不安ですね。ガスケットを付けてボルトを締め付けします。このまま24時間放置。ネジ止め剤が硬化しないと意味が無くなってしまいますので。

で、今日日曜日ですが、カウルを取り付ける前にケースからのOIL漏れが無いかを試運転したい・・・のですが北風が強いので迷っています。う~~ん。

2008年1月12日 (土)

R1000修理中

Imgp2176早速R1000のパーツが届きました。今回取り寄せしたのはバーエンド、クラッチレバー、ジェネレーターカバー、カウル、チェンジペダル・・・。合計で¥36,000‐ クラッチレバーだけが月末入荷とのことで、まだ手元に届いていません。R1000のクラッチレバーは隼や、TL1000、バンディット1200などと共通品、そんなの在庫切らせてイイのかいSUZUKIさん?!

ガレージにて作業開始ですが、いきなり出鼻を挫かれました・・・。ジェネレーターカバーの裏にコイルが留まっているのですが、それらのボルトが手持ちの工具(L型ヘックス)では外れないほど硬いんです。これは後回しにして、シフトペダルを先に付け直します。ネジ留め剤が塗ってあったので(これのせいでこちらも外すのに苦労しました)懐かしいタミヤのそれを利用し固定。ロットを調整して完了。次にバーエンドは苦も無く取付。

そしてカウル、今のカウルは分割式のものが多くR1000に関してはサイドカウルだけで3分割です。今回は一番面積の大きい黄色い部分のみ交換。本当なら全部交換したいのですが、お財布に優しくないので、とりあえず目立つ部分のみ!これも分けるのがそれなりに大変・・・ツメでそれぞれ留まっているのですが、中々外れてくれません。仕方ないのでニッパーで割って無理くり取り分けしましたが、再利用する場合は苦労します。

最後はクラッチレバーですが、以前バンディットの削れた奴があるので、部品来るまでそれで凌ぎます。

Imgp2177マフラーも変えなければならんのですが、これもお金の問題で保留。ヤフオクで安いのが出るまで様子を見ます。なんと言っても今回の修理代だけで、小遣い1ヶ月分OVERしていますから(ToT)/~~~ カウルを外しても我慢汁が出そうなほどカッコイイR1000でした・・・(傷跡が痛々しいが)

明日は朝からジョイフルに工具買出しです。

2008年1月 7日 (月)

やってしまいました・・・

明けおめ、ことヨロ・・・もっと略して「アロ!」 何でも略せばイイって物ではないですね^^;

もう新年大分経っていますが、仕事も始まりいつもの時間の流れになりつつあります。近所のガソリンスタンドもレギュラーの値段が146円。今後も値下げの気配が微塵も無さそうですが。

そんなことより、R1000でやってしまいました・・・・何を??? そう、コケてしまったんですねぇ~。痛い・・・・とっても痛い( >Д<;)           心が・・・。体は何とも無いのです。

詳しく話しますと、先週早々仕事の帰り道、エンジンを回さないように走っていて、ギクシャクなった所、交差点を左折しスリップダウン。タイヤが温まっていなかったという要因もプラスしてください。・・・ショックです。クラッチレバー、バーエンド、カウル、ジェネレーターカバー、チェンジペダル、マフラーが、地面と熱い...(´З`)チェッをしてしまいました。スライダーを入れておけばもっと軽く済んだでしょうが、スライダーを入れているとコケかたによっては、フレームが割れてしまうんで、そうなってしまうと更に凹む。

今日早々にパーツを注文しました。早ければ今週中に入荷予定。

はぁ~~ショック・・・ (((´・ω・`)カックン…

2007年12月 4日 (火)

さて、これは?

Imgp2153さてこのバイクは何でしょう・・・・?

「そんなの見れば分かるよ!」って思います。言わずと知れたGSX-R1000ですね。でも、よ~~~~っく見てみると・・・・、そう K8モデルだったりします。この色(青白)だとちょっと見ただけでは K7 だか K8 だか分かりませんね^^; 俺も最初気が付かなかったし、きっとこの色に乗っているオーナーにしか見分けが付かないんだろうな。

と言う訳でお店に K8 が入荷してきました。今回基本的にカラーチェンジのみですが、K8 のカラーラインナップは少し寂しいですね。良く言うと落ち着いた色合い。多分、白色が人気出るかもしれませんね。ちなみにカルガモの K7 もそうですが、カナダ仕様のMOTO Mapの正規品です。

Imgp2154_2他、黒色も入荷済みです!黒も中々良いですねぇ~、一部マッド仕上げで渋いっす。モトクロッサーのように外装プラスチックKITみたいなものが安くあれば気分で色変えたり出来るのですが・・・。ロードバイクのカウルは高いんですよね。現在エンジンスライダーを付けるかどうか検討中。付けとけば、立ちゴケなどでボディを守れますが、それなりの勢いでコケた場合フレームが付け根部分から折れてしまうんですよ。一長一短だなぁ~と悩んでいます。

あと写真は無いですがWR250F 08モデルも入荷していました。寒い中箱から出して組立作業していました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31