2020年5月31日 (日)

ストリートツインのオイル交換だよ!

どうも、鴨ねぎ です!

久しぶりのバイクねたです。

Dscn1965
本日は妻のバイク「Street twin」のオイル交換を頼まれたのでサクッと交換したいと思います。

鴨ねぎもストリートツインに乗ってはいましたが、慣らしが終わる前に売ってしまった為、自身でのオイル交換はしていませんね。

オイルフィルターは前回(初回点検時)交換しているので、オイルのみ抜いていきます。

Dscn1964
ドレンプラグはヘックスタイプのボルトでドレンワッシャーも厚めです。

22mm×14mmのモノで代用出来そうですが、今回は再利用します!

Dscn1969
このストリートツインは(水冷ボンネビルも)エンジン周囲の造形が良く考えられていて、例えばラジエターは縦置きにして目立たなくして見たり、インジェクションのカバーのデザインを凝ってみたり、オイルフィルターもカットリッジ式ですが目立たぬようにオイルパンに埋もれる形で設計されていたりします。これを発見した時には秀逸だなぁ~と感心しました!

 

ドレンを復旧してオイルを入れれば終了です。ちなみに締め付けトルクは25N/mです。

Dscn1967
オイルは以前購入してあった旧住商石油(現エスアイエナジー)のSUMIX 部分合成油10W-40(1L缶×3本)です。

いつ購入したのかさえ覚えていませんが・・・・。

確かホームセンターで格安で買った気がします。

容量は3.4Lですが、エレメント交換していないので3.2Lとなります。

微妙に足りないので余っているZOILでも入れておきまが、3Lでも何となく足りる気もします。

Dscn1968
走行距離2372km 全然乗ってませんね(^-^; 基本冬は乗らないので仕方ないです。

合わせてチェーンの張り確認、及び清掃注油もしておきます。

 

話は変わりますが、この度クロスカブ110を手放すことにしました。

燃費は優秀なのですが、普段の足として使うには非力過なんですよ。

まぁ~そういうキャラクターですしね。

ロータリーミッションも慣れなかった。

ギアインジケーターが有ればもう少し楽になるかもしれませんね。

もう少し年を取ったらまた乗りたいですが、ミッションはリターン式に載せ替えるかも。

Dscn1957
と言う訳で今、嫁ぎ先を探しています。

良い嫁ぎ先見つかると良いですね。

 

で、ジツハツギノバイクヲモウキメテイマス…

同じ原付二種で~~~~す(*´Д`)

 

 

 

2019年10月22日 (火)

2019 MotoGP日本グランプリだよ!


MotoGPもてぎ開催ですがネットを見ていると賛否両論有るんですよ・・・。

スタンドがガラガラとか、コースがツマラナイとかね。

確かに盛り上がりに欠ける。まぁ~バイクが売れていないんだから仕方が無いけれど

去年は戦闘機が飛んだり、会場来場者数の発表したりと盛り上がりを感じたんだけれど、今年は色々微妙でしたね。

台風災害の影響も出ていたようですけど・・・。

「もてぎ」のいけない所は、名前の由来にもなっている「ツインリンク」のオーバルコース。

あれが邪魔でメインスタンドからコースまでが遠い。

使用していないのならコースを改修するかして欲しいところ。

まぁ~仮設でヴィクトリースタンド組んではいますし、半分は駐車場と化しているので一応活用されていますが、国際映像で見ているとやっぱり見すぼらしい。

観客スタンドも指定席は良いのだが、芝の自由席が「席」として機能していない。

あれ斜面が急すぎて一部しか座れないし、それのおかげで観客入っていない?ってなる。

本当にメーカー枠で、日本で開催する意味あるのか???って思う。

鈴鹿でやればって考えますが、あそこはFIMの国際安全基準に達していないので無理らしい。

カルガモとしては、もてぎが近いし言うことは無いのですが・・・。

Dsc_3011

と言うことで愚痴ってみましたが、レース自体は楽しかったです!

今年は土曜が雨模様でしたが決勝では雨も止み

寒さもあまり無く過ごしやすい陽気。

優勝はマルク・マルケスでしたが、気候気温に悩まされた難しいレースだったみたい。

サーキットに来ていると、こう言ったところの情報が皆無。

現地実況も機能していないに等しいし。

マルクの優勝は嬉しいがもう少しクアルタラロとデッドヒートして欲しかったかな。

現在350ポイントのマルク。

残り3レースですがどこまでポイントを伸ばせるか見ものですね!

また次回のオーストラリアではザルコの走りも気になります。

Dsc_3186


そう言えば今年からトライアンフのブースが出ていました。

が、ブースとしては小さく展示車も2020型 ストリートトリプルRSのみ・・・。

ちと寂しくないかい?

Img_20191019_112515_1 Img_20191019_112434_6
パット見ですがシルバーと言うかガンメタリックに近い感じ。

やっぱり艶アリの方が自然でカッコいいと思います!

気になるLEDですが上側にチップが埋め込まれて下側のリフレクターに当てているようですね。

デイトナが無いのが微妙でしたが・・・。

そう言えばハーレーもブース出していたなぁ~・・・。



2019年10月14日 (月)

Street Triple 765 2020年モデルチェンジだよ!

ストリートトリプルが2020年モデルでマイナーチェンジをするようですね!

2017年に発売されてもう2年経つわけで早いものです。

現行モデルとの見た目の大きな違いですがオメメ(ライト)が大きく違います。

太眉の凛々しいお顔立ちにフェイスチェンジ!

メインライトも遂にLEDライトとなりました。

カルガモもついこないだH4ハロゲンからLEDに交換しイイ感じです。

69f3fc10

分かる所ではマフラー形状がOPのArrowマフラーの感じに。

EURO5対応しつつ極僅かですがパワーアップされているようです。

ラジエター周りのシュラウド形状も変更されています。

他シートカウルも変更が見られますね。

全体的によりアグレッシブになっています。

地味にホーンも変わっとる(^-^;

2020triumphstreettriplersfirstlooksportm

2016年から2017年へのモデルチェンジ時の衝撃は当然無い。

マイナーチェンジだから当然と言えば当然。

現行モデルユーザーにとっては一安心?!

トライアンフのモデルチェンジってあまり極端に変わることが無いので好感が持てます。

ストリートトリプルなんて初期型からメインフレームほぼ同じデザインだし・・・。

タンクのデザインもほぼ一緒な感じ。

不満点としては現行もそうだけれどストリートと謳ってながら

サーキット重視のティザー動画は止めて欲しい。

全然ストリートじゃないじゃんよぉ~・・・って思います(^-^;

Bluetooth搭載の話はどうなっているんだろう?

一応OPパーツでラインナップされましたが現行モデルにも対応なのか?



MotoGP日本グランプリまで1週間切りましたが・・・

台風の影響はどうなんでしょうか?

サーキット施設内はもとより周囲の道路事情も。

水戸北スマートIC付近は水没。

多分使えない可能性が高い。

裏道とかも通れない箇所が有りそうで使えないかもね。


2019年9月 8日 (日)

ストリートトリプルRS 念願のLEDヘッドライトだよ!

台風がヤバそうなコースを辿っています。

明日の朝は無事迎えれるだろうか・・・。

今日は、さいたま市までバイクで出掛けたんだけれど、途中スコール並みの雨に降られて合羽着たら止むってって言う・・・まぁ~何て言うか付いていないですね。(千葉東葛エリアは晴れていた模様)

帰ってから新しくAmazonで仕入れたLED H4バルブを試行錯誤してみる。

今回購入したモデルはLED本体と電源ユニットが別体式のもの!


61ghhmnnl_sl1000_
ちなみにこんなタイプです。値段は3000円位ですね。

先に言っておきますが、今回の方法をとればほぼ市販のLEDは取り付け可能かと思われます!

なのでユニットレスタイプでも大丈夫!

その方法とは・・・。


Dscn1734
ヘッドライト側のH4カプラーカバーを外して端子のみにして接続します。

当然、絶縁処理はして下さいね(^-^;

一応カルガモはエフコテープを端子部分に巻いて御座います。


Dscn1735
そうしたら後はハウジング内部に押し込めばご覧の通りの収まりに!

今まではカプラーの厚みが邪魔で内部に物理的に押し込めませんでした。

作業される方は自己責任でお願い致します。


Dscn1737
ちなみにライトを取外した感じですが、ライト無しでもイケメン君だと思いませんか?

ライト自体は取外さなくても作業は出来ますが、LED取付の座の固定に難儀してしまいました。

LEDの座を固定するピンが座の厚みで浮いてしまうため

結果外した方がやり易いと思いそうしました。

ちなみに左側のLEDはすんなり取付出来ましたが右側が全然ダメでした。

おかげで指が痛い( ;∀;)


Dscn1738
で、念願のLEDヘッドライトバルブ!!!

Street triple、及びSpeed tripleのお乗りの方いらっしゃればご参考までに!

ただ心配事として放熱の問題が御座います。

ライトユニットの容積が限られているので本来はカバー部分にスリッドなど入れてやるべきなんでしょうが・・・。

この辺ちょっと様子見です。ライトが点灯しなくなるのは仕方ないとして

下手したらユニットの樹脂部分が溶ける可能性も有りますから。

こんなに苦労して取付けたLEDですが

スフィアライト【RIZING2】は無加工で取付可能らしい・・・( ;∀;)

しかし値段が8倍くらい高いのでね。




2019年8月25日 (日)

トライアンフ デイトナ765発表されたよ!

遂にデイトナ765が発表されましたね!

カルガモも首を長くして待っていました。

久々のフルカウルSSバイクです!

今年からMoto2のワンメークエンジンにもなっているのにも関わらず発表遅すぎでしょう・・・。

Moto2コンセプトモデルからどう変わるのかワクワクです。

このブログではスペックなどの話はとりあえず置いておきます。



Daytona765
さて、上の画像がデイトナ765、正式には「デイトナMoto2 765リミテッドエディション」と言うらしいですが、これを見てデイトナ乗りはどう思うのかな???

これ、見た目675とほぼ変わっていないんですよ・・・。

見た瞬間「えっ!?」( ゚Д゚) ってなりました。

散々待たせてデザイン変わらないのって・・・。

流石にこのデザイン(675は好きですよ)は古すぎますよ!!!

ちな675は2014年MCだから5年前ですよ。

F3と同等のデザインとは言いませんがライトハロゲンはどうかと思います。

何か一気に冷めちゃいました(*´Д`)

トライアンフにはもうちょっと頑張って欲しかった。

中身はそれなりに良くなっているので性能面では素晴らしいんですがね。

余計に残念・・・。

結構同じ意見の人が多くてホッとしました。

これ、ノーマルバージョンでデザイン変えてくるって事も有るのかしら?



Dscn1701
こんなモノ付けてみました。トライアンフリストバンド(パチもん)です。

定番ですよね!アリEXで$6位、2つ付いていたのでtwinにも取付ました。

このストリートトリプルも何だかモデルチェンジのリーク画像が出回っています!

ヘッドライトがもう少し細くツリ目になりそう・・・。

このままのデザインで良いからLEDライトに対応にして欲しいのに。



2019年7月29日 (月)

KYMCOオーナーズカードだよ!

Dscn1633
Kymco Japanからこんなものが届きました。

KYMCO OWNER'S CARDなるモノが・・・。

確かDUCATIの時にもこのようなカードが送られてきました。

TRIUMPHは・・・無い( ゚Д゚)

そう考えるとトライアンフは微妙だ。

こう言うところって小さいことだけれど大事だと思う。

特にブランドイメージ向上となれば尚の事。

確かトラ柏店独自のポイントカードは有るけど。

そう言えばトライアンフ柏店が閉店したらこのポイントは何処へ?

つーか今までポイント使ったことないなぁ~。





話は脱線しましたが、このカードどうしているかと言うと・・・。

Dscn1634
シート下にジャストサイズのホルダーが!!!

こう言うことなんですかKymcoさん?

レーシングS125に常備しています。





久々にこいつを引っ張り出しました。

Dscn1541
多分バンディット1200S以来振り・・・。

タンクドッグの「ジョン君」です!

小銭やカードなどをしまって置ける万能犬だったりします。

今でも売っているのか分かりませんが、最近のバイクは樹脂カバーで覆われたタンクも多々あり日の目を見ずにおりました。

中々可愛い奴です!

暑いですが晴れたらツーリング行きたいですね!




2019年7月14日 (日)

TRIUMPH柏店が閉店・・・

一報は携帯電話に入りました。トライアンフ柏店阿部店長から

「突然なんですが、8月末日でお店を閉めることとなりました・・・」

いや~~~~~~ショックです(*´Д`)

トライアンフを購入した一つの理由に正規ディーラーが近くにあったからってのも有ります。

トラジャがブランドイメージを上げるために経営転換してから、色々とトラブルじみた話もチラホラ巷では出ていましたよね。確かにここ数年で販売台数は伸びて勢いは有ったりいたしますが、正直トライアンフだけでバイク屋やっていけるほど簡単では無し。二輪業界全体で見て見れば下降しているのは明らかで・・・。そこに対する設備投資は慎重にならざる得ない。

柏店はいわゆる旧トライアンフ店舗でやっていて、新生トライアンフ店として準備していた矢先の、新店舗の基準条件の折り合いが付かなっからしいです。ドリーム店然り、プラザ店然り日本国内先細りの二輪業界、メーカーは何をしたいのか意味不明。結果ユーザーに不便をかけてちゃ灯台下暗し・・・。

関係ないが千葉県ってバイクに優しくないと個人的に思っています。千葉県の特性上仕方ないのですが、バイクディーラー少なすぎ。やっぱりそれだけ田舎って事だと思います。そういった意味では埼玉県の方が良かったなぁ~って。柏のトライアンフディーラーが無くなると千葉には1店舗のみ。

話は脱線しましたが、一応トライアンフとしての新車販売は無くなりますが、サービス(整備等)は、隣のライコランドで継続するそうです。
一応DMも届きましたのでブログにUPいたしました。



2019年6月 9日 (日)

OBD2 ELM327 スキャンツール その後だよ!

OBD2 ELM327 スキャンツールですが、その後色々やってみました。

まずホンダ・ヴェゼルですが、こちらは接続できませんでした。使ったアプリは「inCarDoc(Free)」と「Torque(Lite)」です。ハードが悪いのかソフトが悪いのかは全く分かりません。車の方は特に必要性が無いのでこれ以上の追求は止めておきます。
再度買い物がてらに嫁にヴェゼルを運転してもらい、試したところ「inCarDoc(Free)」と「Torque(Lite)」どちらとも接続できました。エンジンを掛けないとダメっぽい?

次に嫁さんのストリートツイン!こちらもOBD2が装備されています。

「inCarDoc(Free)」でトライしてみますが一向に接続する気配なし・・・。次にバイク用アプリ「TuneECU」でやってみます。こちらはECUの設定が各バイクメーカー毎にセレクトできます。KTM、Aprilia、Ducati etc・・・勿論 Triumphも有ります。その中でもインジェクションの種類で、Sagemと京浜でセレクトできるようです。が、どちらもアクセスできませんでした。バイク専用の上、有料なのに( ;∀;) 一応海外の動画ですと現行タイガー800でリンクできている動画は有ったのですが・・・残念(*´Д`) ちなみに国産バイクは対応しておりませんが、最後にOtherも選択できるのでもしかしたら出来るかも?


Dscn1535
次に「Torque(Lite)」で試してみます。こちらはストリートトリプルでも一度接続できています。


Dscn1527  Dscn1528
御覧の通り接続できました!ただ原因は分かりませんが接続出来るときと出来ない時があって意味不です。ちなみにヒューズBOXが開いているのは、ヘッドライトのヒューズを抜いているためです。


そして本命のストリートトリプルで再挑戦!

「Torque(Lite)」を立ち上げるとあっけなく繋がりましたが、やはりこちらも何度か繋がらないことがあります。ここは未だ解明に至らずです。さて、問題はここからどうやってエラーを消すか!?まず左下の設定マークをタップするとメニュー画面に切り替わります。


Dscn1529
メニュー画面の一番上 Fault Codesを選びます。


Dscn1534
選択項目の Show Logged faultsを選ぶと・・・。


Dscn1530
やたら馴れ馴れしい日本語で、待つようにと!


Dscn1531
すると、現れました2つのエラーコード!!

P0110は【IATセンサー1回路異常】で吸気温度センサーらしい。もう一方のP0105ですが【MAP回路故障】らしい。MAPとは(Manifold Absolute Pressure)マニホールド絶対圧センサーみたいです。良く分からないので調べてみると、スロットルバルブからエンジンのバルブ間の内圧状態との事なのでまぁ~今回の原因は間違いなくこいつです。


Dscn1533
メニュー画面に戻り、一番上 Fault Codesを選び、次にClear Logged faultを選択すると上の画面表示になるので、OKでエラーコードが消せます!!!ただ今回はこの手順を踏む前にメーター内のチェックランプは消えていたので、自然復旧したのかもしれません。壊れていた訳ではないですしね。何はともあれ検証終了です!他のソフトも良いのが有れば使用してみたいですね!

この他にも走行中常に接続しておけば必要なバイクの情報をモニタすることが可能です。例えば初期のストリートツインはタコメーターが有りませんが、これを使い表示させておくことが出来ます。あまり需要があるかは分かりませんけど・・・。








2019年6月 3日 (月)

OBD2 ELM327 スキャンツールだよ!

さてさて、ストトリ765君、エンジンチェックランプが点灯してしまいました。物理的に壊れている訳では無いので、このチェックランプは消したいのですが・・・。消すにはディーラーに行って消してもらうか、自身でECUにアクセスしてリセットするかなのですが、とりあえずカルガモは自身でOBD2接続して消すことにします!

OBD2 ELM327 スキャンツールと言うモノが売られています。何種類か有るのですが何が良いのか良く分からないのでAmazonでレビューの多いものを購入してみます。最近のは有線接続では無くBluetooth接続で、モニターもPCで無くスマホやタブレットでも出来るようです。


Dscn1517
購入した ELM327 スキャンツールはこれになります。これは¥1,600-前後ですが、安いものは¥1,000-以下の物も有ります。正面にON/OFFボタンとインジケーター、裏はOBD2接続のコネクターとなっています。


Dscn1518
バイク側のOBD2接続端子はシート下に有ります。これに ELM327 スキャンツールをブッ刺して使用します。使用に当たっては当然ソフト(アプリ)が必要なんですが、これが問題で・・・ソフトによってはスキャンツールとリンクが取れないものも存在するのです。
最初DLしたのがTorque Lite(無料)でこれはリンクできたので、調子に乗ってバイク専用のTuneECU(有料)もDLしてみたが、こちらはリンク出来ませんでした(*´Д`)カネカエシテ


Dscn1519
画像はリンクが出来たTorque Liteと、ELM327 スキャンツールです。一応日本語対応はしているのですが完全ではないみたい。なもんでイマイチ使い方が良く分からない・・・。あれやこれやといろいろしていたらいつの間にかチェックランプも消えていた(*´з`)



Dscn1516_1Dscn1524
メーターテーマは違いますがエンジンを掛けてもチェックランプは点灯しません!実際何をやって消えたのか不明です。とまぁ~スッキリしない感じとなりましたが、この辺色々時間を見て検証したいと思います。また他のアプリも試してみたいし、使い方によっては色々遊べそう。何とかTuneECUでリンクが取れればマップの書き換えも可能になるので。2015年までのトライアンフのインジェクション車なら問題ないみたいですが。また、嫁のストツイも有るので、そちらでもリンクが出来るか確認してみたいと思います。



2019年6月 2日 (日)

エンジンチェックランプ点灯らしい・・・

Street Triple 765 前回のオイル交換に続き、スロットルボディーの清掃をしてみることに。ストトリは昔からスロットルボディーが汚れやすいと言う持病が有るようで、そこから起因するトラブルも耳にします。765に関してはまだ聞きませんけどトラブルは未然に防ぎたいですからね。ってことで作業開始!

まず初めにタンク固定のヘックスボルト2本を外してタンクを持ち上げます。この時に450mm前後のつっかえ棒(木の棒)が無いとタンクが固定できませんので注意!国産車だとこのつっかえ棒が付いていたりするのですが、外車はそう言うところに気が回らないのかな? ここで一つやらかします。ヘックスボルトと合わせてワッシャーが噛んでいるのですが、ヘックスボルトを抜く際にワッシャーの存在に気が付かず、フレームの隙間に落ちてしまい行方不明に・・・。多分ヘッドが見えるまで分解しないと救出不可能なので諦めます。(余ってる別のワッシャーで対応)

次にタンクの下にエアクリーナーBOXが見えますのでエアクリBOXの蓋のビスを外します。中央部にも1本ビスが有るので忘れずに外すこと。BOXには色んな補器類のコネクターが刺さっているので干渉するものだけ抜き取ります。BOX蓋を上に持ち上げればエアーエレメントとご対面。


Dscn1512 Dscn1514
エアーエレメントは思っていた以上に綺麗でした。一応軽く清掃はしておきます。エアクリの蓋裏にも何やら怪しいセンサーらしき配線が伸びています。エアフローセンサーでしょうかね?いや~~~やっぱりサービスマニュアル探した方が良いなぁ~。675時代は英語版が出回っていたのですけど、新生765は確認できていませんが有るのでしょうか?


Dscn1515
そしてスロットルボディーと何んとなくご対面。しかしここからが悲劇の始まりです。765はスロットルバイワイヤなのでアクセルとスロットルは物理的に繋がっておらず、イグニッションOFF時には何も反応してくれません。チンぴくすら有りません!そこで、エンジンスタートはせずにON状態にします。するとアクセルと連動してバタフライバルブが動くようになります。この時に外したコネクター類はそのまま・・・。

スロットル内部の汚れは思ったほどなくて綿棒で軽くこすって終了となったのですが、酷い場合はパーツクリーナーなども使って綺麗にすればいいのですが、アクセル固定するもの(ブレーキストッパーなど)が無いと作業がしんどいです。

作業が終わり逆の工程で戻していきます。途中無くしたワッシャーの行方を確認してみましたが発見には至らず。全てを元通りにしてエンジンを掛けてみたところ・・・メーター内にエンジンチェックランプが!!!


Dscn1516
あぁ~~~~ぁ、何となく嫌な予感はしていたんだが・・・。多分コネクター類抜いてON(エンジンはOFFでしたが)にしたことが原因かと思われます。一応走った感じは問題無さそうだったので。これを消すためにはディーラーに行くか、ECUにアクセスしないといけません。一応シート下には一般的に見るOBD2のアクセスコネクターが有るのでダメもとで繋いでみることにします。

その名もOBD2 ELM327 スキャンツール!この辺は未知の領域です。
これでだめなら素直にディーラーに足を運ばないとね。ってことで続きは次回です。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

にほんブログ村

にほんブログ村 ランキング

  • にほんブログ村 ランキング

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31